あれこれと パン屋さん

パン屋さん巡りをしているうちに、その数が増えてきて、自分でもどこへ行ったかわからなくなってきたのでデータベースのつもりでブログを作りました。ご活用いただけますと幸いです(笑)

神奈川新町のパン屋「うらしまパン工房」

先日、川崎から関内に向けてジョギングしていたのですが、途中から雨がザーザー降ってくるし、途中で足首の調子が悪くなって走れなくなるしで、「まいった、まいった」と、新子安から東神奈川に向かって国道15号線を歩いていました。すると、見たことがないパン屋さんを発見しました。お店は開いていなかったのですが、写真を撮って、家に帰ってから調べたところ、6月にオープンしたばかりのお店のようです。ということで、翌週に早速行ってみました。私は東神奈川から歩いて行きましたが、最寄駅は京急の神奈川新町です。

お店は比較的広く、イートインスペースも少しあります。まだ食べログにも登録されていないようで、情報が少なかったのですが、どうやら8時からオープンしているようで、土曜日の9時半頃にお店に着くと、棚はだいたい埋まっていたので、商品は出揃っている様子でした。お店の広さに比べると、商品は、それほど多くはないかなぁという印象です。

 

「あれ?トレイが無いぞ?」

 

と思ってよくよく見ると、紙のトレイが2種類置いてあり、目安として4個以下は小さいほう、4個以上は大きいトレイを使って下さいと書いてありました。このパターンは、スーパーの100円パン屋さんで経験があったので、「100円なのかな?」と思って見てみると、そういうことではないようでした。紙のトレイということで、なんとなくテンションが下がってしまったのですが、見た目やトングで持った感覚も、やはりスーパーのパン屋さんに近いなぁと。

買ったのは、焼きそばパン(173円)、黒蜜抹茶餡クロワッサン(162円)、はちみつバターパン(108円)、ふわふわ金時豆パン(140円)です(内税)。

f:id:okka4:20190715080120j:plain

 

f:id:okka4:20190715080132j:plain

 

f:id:okka4:20190715080143j:plain

味は、「やっぱり、そういう感じかぁ」というものでした。スーパーの中に入っているパン屋さんの味に近いです。この近くに、パン屋さんが入っているスーパーが無いのであれば、駅から近いので、お客さんも来ると思いますが。お店の方は、感じが良かったので、うまく行くとよいなぁと。

 

横浜市神奈川区浦島町2-8

 

お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

神奈川新町駅京急京浜急行

 

横浜元町のパン屋「ブラフベーカリー」

以前も書きましたが(こちら)、よもぱんさんで教えて貰った、ゆずとホワイトチョコのパンを求めて、この日も、ブラフベーカリーへ。よもぱんさんへ行く度に「食べましたか?」と訊かれ、「いつ行っても置いてないんですよ」と答え続けてはや数ヵ月。

この日も、置いてありませんでした。

 

「本当は、そんなパン、はじめから無いんじゃないのか?」

 

という思いがチラッと脳裏をよぎります。

代わりに何か買って帰ろうかなと、店内を見渡すと、ある一箇所に商品名が書かれた札がまとめて置かれていました。そこで、探してみると

 

「あっ!あった!!」

 

「ホワイトチョコとゆず」と書かれた札を発見しました。

 

「一瞬でも、疑ってスミマセンでした」

 

と、心の中で、よもぱんさんに謝罪し

 

「このパンはいつ頃焼けますか?」

 

と店員さんに訊いたところ、45分後とのこと。

 

「45分か。微妙な時間だなぁ」

 

家まで帰って、また戻って来ると、そのぐらいかかってしまいそうです。ただ、この機会を逃すと、またいつ出会えるかわからないので、いったん家に帰り、今度は徒歩ではなく自転車に乗って、お店に向かいました。すると、なんということでしょう。突然、ザーザーと雨が降り出すではありませんか。

 

「そうまでして、私に、ホワイトチョコとゆずのパンを買わせたくない、なんらかの力がはたらいているのだろうか・・・」

 

と、一瞬、気持ちが萎えかけましたが、こうなったら行くしかない!と、びしょ濡れになりながら、お店へ行きましたよ!

これで商品が無かったら、いくら温厚な私でも

 

「さっき、45分後に出来るって言ったじゃん!」

 

と、叫ぶところですが、ちゃんとありました(笑)

ということで、だいぶ前置きが長くなりましたが、無事、買えました。

f:id:okka4:20190707123734j:plain

 

f:id:okka4:20190707123749j:plain

ホワイトチョコとゆずが320円、一緒に買った紅はるかとセサミが290円です(内税)。

一口食べて、どうしてよもぱんさんが、私の好きな味だと思うとおっしゃったかがわかりました。一度、よもぱんさんに「これ美味しいですよ」と、差し上げたことがあったパンドウーの豆乳フランスのパン(こちら)に似た、もちもち、フワフワした食感なので。ホワイトチョコの甘さとゆずの酸味は、それぞれ控えめでパンそのものの味を楽しめるパンで美味しかったです。何よりも、ようやく食べることが出来たということが嬉しかったです(笑)

 

横浜市中区元町2-80-9 ヒルクレストオグラ1F

 

お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

BLUFF BAKERY、石川町駅根岸線京浜東北線元町・中華街駅みなとみらい線

 

生田のパン屋「トナカイ」

聖マリアンナ病院のすぐ近くにあります。場所的に、病院の患者さんや勤務している方が利用されているのでしょうかね。三角屋根の建物は、ちょっと雪国っぽさを感じさせます。お店の中は広々としていて、パンの数も、比較的多いほうだと思います。

パンは、昭和の時代から変わっていなさそうな種類のものが多く、さぞかし歴史のあるパン屋さんなんだろうと思ったら、2015年にオープンしたようで、ちょっと驚きました。

買ったのは、めんたいバターフランス(160円)、レーズンとクリームチーズ(200円)、新たまねぎ(230円)です(内税)。

f:id:okka4:20190707122520j:plain

 

f:id:okka4:20190707122532j:plain

 

f:id:okka4:20190707122543j:plain

めんたいバターフランスは、塩パンのようなパンに、明太子のペーストを挟んであり、ちょっと、しょっぱかったかなぁ。でも、パン自体はカリッとしていて美味しかったです。新たまねぎは、たまねぎが、そのまま入っていますが、辛味はほとんどなく、素材そのものの甘みがあり、マヨネーズともよく合い、美味しかったです。見た目は地味なパンが多いですが、味は見た目以上だと思います。

 

神奈川県川崎市多摩区長沢2-20-30

 

お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

生田駅小田急

 

たまプラーザのパン屋「プロローグ」

このパン屋さんは、全てが規格外でした。

もともとは丘の上のパン屋さんに寄ったついでに寄っただけなのですが、まず驚いたのが、その駐車場の広さ。「いったいどれだけお客さんが来んねん!」とツッコミたくなるような広大な駐車スペースです。そして、お店に入って、さらにビックリしました。これまで500店舗近くのパン屋さんに行きましたが、これほど商品が多いパン屋さんは初めてです。全く予期しない数のパンに囲まれ、「これは選び甲斐があるなぁ」と嬉しかったのですが、その後の予定も迫っていたので、ササッと選びました。もっと時間があれば・・・。

買ったのは、アップルカスタード(350円)、イベリコ豚ベーコン(210円)、チーズちくわぱん(200円)、ふわふわはちみつぱん(150円)、ブール(150円)、ストロベリーミルフランス(ハーフ)(165円)、チキンカリーフランス(220円)、アスパラベーコン(220円)です(外税)。

f:id:okka4:20190630185011j:plain

 

f:id:okka4:20190630185025j:plain

 

f:id:okka4:20190630185035j:plain

アップルカスタードは、リンゴ1個が入ったパンです。リンゴの芯をくり抜いて、隙間にカスタードを詰め込んだという、おそろしくズッシリしたパンで、これは食べ応えがありました(笑)ほかのパンも、今風ではありませんが、とにかく、これだけの種類、数のパンを毎日作っているというのはスゴイことだなぁと思います。

それにしても、こんな規模の大きいパン屋さんがあるとはビックリだなぁ。しかも、それが横浜だいうことにも驚きです。

f:id:okka4:20190630185050j:plain

 

横浜市青葉区美しが丘西1-3-10

 

お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

たまプラーザ駅、東急、田園都市線

 

たまプラーザのパン屋「丘の上のパン屋」

近くの病院へ行く用事があり、そのついでに寄ってみました。こちらのお店もパン旅で紹介されていました。一応、最寄り駅はたまプラーザになるようですが、そこからもだいぶ離れていますし、店の名前のとおり、坂の上にあるので、車が無いと、ちょっと行きづらそうです。この辺りは立派な家が多そうだったので、そこに住む人達をターゲットにしているのでしょうかね。

オープンしてから、まだ1年ほどしか経っていないようで、お店は、まだ新しく、オシャレです。パンの種類は、建物から想像するほどには多くはないようですが、今風のパンが並んでいました。

買ったのは、ミルクフランス(180円)、ホットドッグ(380円)、シュークルート(350円)、発酵バタークロワッサン(200円)、チーズフォンデュ(250円)です(内税)。

f:id:okka4:20190630184235j:plain

 

f:id:okka4:20190630184247j:plain

 

f:id:okka4:20190630184301j:plain

ミルクフランスは、「オーガニックシュガーで作る自家製ミルククリーム」だそうで、ちょっとハチミツのような独特の風味がしました。パンはフランスパンというより、チャパタに近いようなソフトな食感でした。シュークルートは、フランスのアルザス地方の郷土料理だそうです。ザウアークラウトが特徴のようですね。個人的にすっぱいキャベツは得意ではありませんが、美味しかったです。

 

横浜市青葉区美しが丘西3-8-8

 

お店のHPはこちら

お店のFBはこちら

お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

たまプラーザ駅、東急、田園都市線

 

門前仲町のパン屋「トリュフベーカリー」

前回(こちら)売り切れだった白トリュフの塩パンを買いたいと思い、近くまで行ったついでに寄ってみました。今回は、いっぱい置いてありました。良かった良かった。

それだけ買って帰ろうかと思ったところ、キレイな店員さんに、「明太子パンは好きですか」と訊かれ、「は、はい」と答えたところ、試食のパンをいただき、ついつい、そちらも買ってしまいました。実際、美味しかったからいいんですけど、なんだか、ちょっぴり自分が情けなくなりました(笑)

買ったのは、白トリュフの塩パン(180円)、明太子フランス(ハーフ)(280円)です(内税)。

f:id:okka4:20190630183446j:plain

 

f:id:okka4:20190630183504j:plain

白トリュフの塩パンは、パン旅で、詳しく紹介されていましたが、ロールパンの中に自家製のトリュフ入りバターを包み込み、それを焼き上げ、さらに、焼き上がったパンに、トリュフの香料のようなものを塗り、最後に、トリュフが混ざった塩をパラパラとかけて出来上がりだそうです。ということで、口の中に入れると、トリュフの風味をたっぷり感じます。それで180円というのは安いですよね。個人的には、前回食べたサンドイッチの方が、より強い香りを感じました。

最近、自由が丘にも新しいお店が出来たようなので、そちらにも行ってみようかなぁ。

 

東京都江東区門前仲町1-15-2

 

お店のHPはこちら

お店のFBはこちら

お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

truffle bakery、門前仲町駅東京メトロ東西線

 

門前仲町のパン屋「コトリパン」

カトレアでカレーパンを買えなかったことにガックリしながら、門前仲町方面へトボトボと歩いている途中に、こちらのパン屋さんに寄りました。

途中、あまりひと気がないような場所を歩いていたので、こんなところにパン屋さんがあるんだろうか?と思いましたが、お店の近くに行くと、2名の女性がお店の前に立っていたので、「あぁ、あそこがお店に違いない!」ということがわかりました。その後、行列は、どんどん長くなり、私がお店から出る頃には、20名近くが並んでいました。

行列が出来るのには、理由があり、もちろん人気があるのでしょうけど、お店が狭く、一度に入れる人数が限られているためのようです。ということで、一度、入ったら逆戻りするのは、後から入ってきたお客さんに迷惑がかかるので、瞬時に買う商品を決めないといけないという決断力か、もしくは、逆戻りする勇気が必要になります(笑)

買ったのは、コトリパン(150円)、焼きそばパン(150円)、ドライフルーツとナッツのピスタチオクリームパン(200円)、クリームパン(150円)、つくねパン(150円)、麻婆豆腐パン(150円)です(内税)。

f:id:okka4:20190623195837j:plain

 

f:id:okka4:20190623195852j:plain

 

f:id:okka4:20190623195903j:plain

こうして写真を見てみると、丸いパンばかりですが、あまり他のパンを見る余裕がなかったので、こういうパンばかり買ってしまっただけで、ほかにも種類はあったんだろうと思います(なにせ商品を選んで、メモがわりに写真を撮って・・・と、忙しくて)。焼きそば、つくね、麻婆豆腐といった惣菜パンは、円盤状のコッペパンの上におかずをのっけたような変わった形をしています。つくねは、軟骨のコリコリした食感とパンの組み合わせが新鮮でよかったです。麻婆豆腐も、ちゃんと豆腐がのっていて、でも水っぽくなくて美味しかったです。食べ易いように工夫してあって、サイズも多くもなく少なくもなく、値段も手頃というところが人気のヒミツなのかもしれませんね。

 

東京都江東区福住2-7-21

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

cotoripan、門前仲町駅東京メトロ東西線

 

森下のパン屋「カトレア」

言わずと知れたカレーパン発祥の店と言われるお店です。先日も、何かの番組で紹介されているのを見て、しかも行列が出来ていたので、恐れをなしていたのですが、店に到着すると、全く行列が出来ていなかったので拍子抜けしました。

 

「時間帯が良かったのかなぁ。ラッキー!」

 

と思って、店に入ると、「カレーパン売り切れ」の文字が・・・。

次に焼き上がるのは1時間後とのことでしたが、さすがに1時間も待つ気はしないし、どこかに寄って戻って来るのもなんだなぁと思い、この店のカレーパンとは縁が無かったものと思って諦めることにしました。ただ、せっかく来たので、ほかのパンを買って帰ることに。

パンは、昔ながらっぽいものが多かったです。そして種類は少なそうでした。

買ったのは、きのこドッグ(180円)、クロックムッシュ(220円)、エビカツドッグ(300円)です(外税)。

f:id:okka4:20190623195444j:plain

 

f:id:okka4:20190623195502j:plain

 

f:id:okka4:20190623195511j:plain

見た目は、普通のパンなのですが、なぜか美味しい!(笑)正直言って、決して上品な味ではありませんし、どこかB級グルメっぽさを感じますが、でも美味しかったです。

 

東京都江東区森下1-6-10

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

森下駅東京メトロ大江戸線新宿線

 

馬喰横山のパン屋「ビーバーブレッド」

オープンしたときから話題になっていたお店で、一度、行ってみたいと思っていました。その後、パン旅でも紹介され、きっと混んでいるんだろうなぁと思い、少し、ほとぼりが冷めたかなぁという頃を見計らって行ってみました。

パン旅でも、木南さんが話していましたが、ホントに、こんなところにパン屋さんがあるんだろうか?という問屋街のようなところに、お店があります。

店内はそれほど広くはなく、私が行った時は、私の後に数名のお客さんが入ってきて、奥にいた私が出づらくなってしまいました。

パンは、それほど多くはありませんが、どれも、他のお店では見たことがないような特徴があります。

買ったのは、メロンパン(240円)、パン野ゆりのピスタチオクリーム(350円)、ソシソン(400円)、ミルクフランス(270円)、いちごフランス(280円)、スコーン(200円)です(内税)。

f:id:okka4:20190623195031j:plain

 

f:id:okka4:20190623195044j:plain

 

f:id:okka4:20190623195056j:plain

メロンパンは、パン旅でも紹介されていましたが、中にメロンの風味とレモンが入っているそうですね。たしかに、食べるとレモンの爽やかな風味が口の中に広がります。ピスタチオクリームも上品な甘さで、たしかに大人のための菓子パンだなぁと感じました。ソシソンは「なんのことだろう?」と思って調べてみたら、ソーセージのフランス語のようです。パンとの比率を見ると、だいぶソシソンが多いですよね。チーズとの相性もよく、贅沢さを感じるパンでした。ミルクフランス、いちごフランスのフランスパンは、ツルッとした食感が特徴のフランスパンで、これも美味しかったです。

 

東京都中央区日本橋3-4-3 1F

 

お店のFBはこちら

お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

BEAVER BREAD、馬喰横山駅馬喰町駅東京メトロ新宿線総武線

 

高田のパン屋「ブレッド50」

お店は地下鉄高田駅から徒歩5~10分ほどの場所にあります。お店がオープンしたのは2009年のようですね。その頃だと、川崎に住んでいたので、この辺りもたまに通っていたのですが、全く気がつきませんでした。というほど、こぢんまりしたお店です。

私が行った時には、1人先客がいて、その後、2人お客さんが入ってきたので、地元では人気があるのかもしれませんね。お店のサイズに合わせたような、小さいかわいらしいパンもありました。

買ったのは、かぼちゃサラダサンド(180円)、ポテトサラダサンド(180円)、明太子マヨネーズポテトフランス(140円)、バナナチョコクリームチーズ入(200円)です(内税)。

f:id:okka4:20190623194514j:plain

 

f:id:okka4:20190623194529j:plain

 

f:id:okka4:20190623194538j:plain

かぼちゃサラダサンドとポテトサラダサンドは見た目のとおり、ボリュームがあって、パン自体は小さいですが、かなり食べ応えがあり、そして美味しかったです。これで180円は安い!明太子のパンも、そもそも明太子とポテトの相性が良いですし、パンはハード系で、その存在感をしっかり示しながらも、小サイズなので食べづいということもなく、全体的にバランスが良く、美味しかったです。

駐車場の場所は、少しわかりづらいですが、1台分用意されています。県道から1本脇に入った道沿いにあります。

f:id:okka4:20190623194552j:plain
 

横浜市港北区高田東2丁目5-8

 

お店のFBはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

 

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

bread50、高田駅横浜市営地下鉄グリーンライン

 

菊名のパン屋「椎の実」

最寄り駅は菊名だと思いますが、そこからだいぶ離れています。私は車で行きましたが、カーナビに従って運転していただけなので、いったい、自分がどの辺りにいるのかサッパリわかりませんでした(笑)お店は住宅街っぽいところにあり、駐車場はお店の前に3台分ありました。店内は比較的広く、パンの数も種類も多いほうだと思います。ハード系のパンもありますが、多いのは昔ながらのオーソドックスなパンかなぁという印象を持ちました。

買ったのは、チョコソフトフランス(150円)、コロッケロール(180円)、スモークチキンサンド(300円)、明太いもロール(180円)です(内税)。

f:id:okka4:20190623194108j:plain

 

f:id:okka4:20190623194120j:plain

 

f:id:okka4:20190623194131j:plain

チョコソフトフランスは、ちょっと365日にあるパンと雰囲気が似ていますね。どちらが先かわかりませんが。「これぞ菓子パン!」という、どこか懐かしさを感じる味でした。コロッケロールも、昔ながらのおやつパンといった感じです。スモークチキンサンドは、まずスモークチキンが美味しかったです。パンも、ソフトフランスといった感じの食べやすさが良かったです。それにしても、これらの懐かしさを感じさせるパンって、丸十製パンに似ているなぁと思って調べてみたら、丸十製パンの組合というわけではありませんでしたが、横浜市綜合パン・米飯共同組合という組合に名を連ねているようです。その組合のパン屋さんの名前を見ると、「なるほど!」という感じの老舗のパン屋さんばかりです。なんとなく、納得しました。

 

横浜市鶴見区馬場7-18-19

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

菊名駅横浜線東横線

 

夕張のパン屋「阿部菓子舗」

実はパン屋さんではなく、店名のとおり、お菓子屋さんですが。

北海道の情報サイトで、こちらのお店の商品を見て「オモシロイ」と思い、寄ってみることにしました。その商品が、こちら

f:id:okka4:20190616191708j:plain

 

どうですか?

夕張と言えば、メロン。そしてメロンと言えば、メロンパン。

よくよく見れば(よくよく見なくても)、メロンパン2個をくっつけただけですが、実は、割ってみると、パンを少しくり抜いて、そこにメロン味のカスタードを入れてあるため、ちゃんとメロンの風味もします。お値段は400円。土日限定発売で、1人1個までとのこと。お客さんのほとんどが買って行っていたので、人気があるようです。私は開店の10時に合わせて行きましたが、どうも、それより少し早めにオープンしていたようなので、どうしても欲しい方は、少し早めに行くことをオススメします。

このほかにも、以前は炭鉱の町であった夕張ということで、こんなものもあります。

f:id:okka4:20190616191723j:plain

 

f:id:okka4:20190616191736j:plain

 

ホンモノのメロンも美味でした!

f:id:okka4:20190616191745j:plain

 

北海道夕張市紅葉山56メロード内

 

お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

札幌のパン屋「どんぐり」

今回の北海道旅行は、サザンのライブに行くのが目的で、これはよほどのことがない限り、キャンセルするつもりは無かったので、だいぶ早くに、早割りの航空券を購入していました(実は、よほどのことがあったけど無事行けて良かった)。ということで、最も安い便を選択したら、6:15羽田発という、今までで最も早い飛行機に乗って北海道へ行くことになりました。そうなると

 

朝食は札幌で食べられるな

⇒札幌といえば「どんぐり」だな

⇒早朝から開いているのは本店だな

南郷7丁目にまず行くぞ

 

ということで、新千歳から新札幌まで行き、そこでドニチカキップを買って地下鉄に乗り換え、南郷7丁目へ行きました。9時にお店に着き、店内に入ると、やはりテンションが上がってしまいます(笑)その後、昼にスープカレーを食べるつもりだったので、我慢してパンは2個までにしようと思っていましたが、誘惑に負けて5個買ってしまいました。

買ったのは、まるごとじゃがめんたい(183円)、厚切りハムカツサンド(237円)、ベーコーンポテト(162円)、バラティーサンド(302円)、ミルキー(108円)です(内税)。

f:id:okka4:20190616072655j:plain

 

f:id:okka4:20190616072711j:plain

 

f:id:okka4:20190616072720j:plain

そして、2日後、札幌から新千歳へ向かう前に、もう一度、どんぐりへ寄りました。今度は、琴似店です。別に全店制覇しようと思っているわけではありませんが、でも、ほとんどのお店に行ってるかも・・・。やっぱり、どんぐりはいいなぁ。

 

北海道札幌市白石区南郷通8丁目南1−7

北海道札幌市西区琴似2条4丁目2-2 イオン札幌琴似店1F

 

お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

南郷7丁目駅、札幌市営、地下鉄、東西線

琴似駅、札幌市営、地下鉄、東西線函館本線

 

小樽のパン屋「亀十パン」

なんと朝4時からオープンしています。今まで行ったパン屋さんの中で最も早い!

小樽に1泊したので、朝食は地元のパン屋さんのパンを食べたいと思い、ジョギングしながら、こちらのお店に寄りました。

創業70年のようですので、かなりの老舗ですね。ただ、お店の外観は、比較的、新しいです。そして一歩、店内に足を踏み入れると、一気に、昭和にタイムスリップしたようなパンの数々を目の当たりにします。最近、流行りのパンとは全くの無縁!きっと昔から同じパンを作り続けているんだろうなぁと想像するパンの数々。だけど、どれもが美味しそうなんですよね。だからこそ、こんなに長い間、お店を続けられたのでしょうね。

買ったのは、ポテトサラダ(190円)とたまごサンド(220円)です。本当は、もっと大量に買いたかったのですが、まだホテルまで1km以上あったので、走っている間に、パン同士がぶつかって形が崩れてしまうのを恐れて、これ以上買えませんでした。リュックを背負っていましたが、やはり形が崩れてしまうのを恐れて、結局、パンを手に持って走る私・・・。なんのためのリュックなのか(笑)

ホテルに戻って食べてみると、思ったとおり、美味しい!ということで、今度は、車であらためてお店へ行きました。

買ったのは、ふらんすクリーム(150円)、とんかつ(280円)、コーヒーロール(130円)です。

f:id:okka4:20190615144111j:plain

 

f:id:okka4:20190615144120j:plain

 

f:id:okka4:20190615144129j:plain

 

どのパンも、具がガツンとインパクトのある味なので、ついつい、そちらの美味しさに目を奪われてしまいますが、実は、パンそのものも美味しいです。ポテトサラダはコッペパンかと思いきや、ちょっとフランスパンっぽい生地だったりして。ふらんすクリームのフランスパンも、ソフトな食感で、なんとも旨い!もし小樽に住んでいたら、毎朝、ジョギングがてら寄ってしまうんだろうなぁ。また、小樽に来るときには、こちらのお店に寄るぞ!

 

北海道小樽市入船1-5-12

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

南小樽駅、函館本線

 

恵み野のベーグル屋「トモヱベーグル」

自分のSNSで、たまに「いいね」を押して下さることで、お店の存在を知り、北海道に行くことがあれば寄ってみようと思っていました。恵み野は、新千歳空港から比較的近くにある駅なので、レンタカーで空港へ向かう途中に寄りました。

お店は、駅のすぐそばにある建物のテナントのひとつで、中に入ると、すぐにベーグルが並んだショーケースと、その奥にレジ、右手に広いイートインスペースがあります。店内は清潔感があり、ビートルズの曲が耳に心地よい音量で流れていました。う~ん、あずましい!(笑)

持ち帰り用のベーグルとは別に、お店で食べるお客さん用に、ハンバーガーのようなベーグルもあるようで、時間があれば、そちらも食べて行きたかったところですが、飛行機の出発時間も迫っていたので、ベーグルをいくつか買って帰ることにしました。

買ったのは、クリームチーズブルーベリー(250円)、北海道あんベーグル(280円)、イタリアンハム(250円)、オーガニックアップルシナモン(250円)です(外税)。

f:id:okka4:20190614063053j:plain

 

f:id:okka4:20190614063104j:plain

 

f:id:okka4:20190614063112j:plain


選んだベーグルが、そういうものばかりだったということもありますが、名前だけ見るとパンのようでもありますよね。どのベーグルも素材にこだわっているようで、北海道あんベーグルは、生地に静岡産の抹茶を、イタリアンハムには、生地に国産ほうれん草を練りこんでいるそうです。ベーグル独特のモチモチ感があって、オーガニックアップルシナモンは、表面がカリッとしていて美味しかったです。全体的に、優しい味で、素材にもこだわられているので、安心して食べることが出来ました。

店員さんも、とても感じの良い方でした。近くにあれば通うんだけどなぁ・・・。また、北海道に行った際には、立ち寄らせていただこうと思います。

 

北海道恵庭市恵み野西2-2-12

 

お店のHPはこちら

お店のFBはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

トモエベーグル、恵み野駅千歳線