あれこれと パン屋さん

パン屋さん巡りをしているうちに、その数が増えてきて、自分でもどこへ行ったかわからなくなってきたのでデータベースのつもりでブログを作りました。ご活用いただけますと幸いです(笑)

港南台のパン屋「食パンDESSE」

このあたりは最寄り駅から遠い不便な地なのですが、あえて最寄り駅を挙げるなら港南台になるのかなぁ。桂台にあるヨーカドーの前の坂道をずっと上り、頂上付近にある、いの山の交差点を過ぎて、今度は急な坂道を庄戸方面に下っていくと、その坂の途中の左手にお店があります。私の実家は、その地域の近くにあるのですが、以前、実家から根岸方面までジョギングしている時に、たまたま見つけたお店です。その後、ネットで探したのですが、このお店に関する情報が見つからず・・・。どうやら洋光台のパン屋さん「むぎや」の系列店のようではあるのですが。後日、日曜日に訪れたところ、お店が閉まっていたので、土曜日の昼過ぎに行ってみました。

店名となっているとおり、食パン専門店で、数種類の食パンと、ほかにはお菓子が売っていました。買ったのは、DESSE食パン(297円)です(内税)。

 

f:id:okka4:20181021160127j:plain

 

f:id:okka4:20181021160136j:plain

 

値段は、パン屋さんで売っている食パンとしては平均的かなぁと思います。とてもフワフワしていて、ちょっと持っただけで指で触った部分がへこんでしまうほどです。それでいて、とてもシットリとしています。乃が美の食パンと比べるのは、そもそも価格が違うので、どうかと思いますが、でも、どうしても比べてしまうのですが・・・、やはり食べやすさというのか、味の良さではかなわないかなぁと思います。乃が美に比べると、平坦な味というのか、あまり味がしないというか・・・。

パンを買った際に、パンの保存のしかたなどが書いてある紙を貰い、そこに住所が書いてあったのですが、実家に置いてきてしまいました。ということで、下に書いてある住所は、「だいたい、この辺り」というものです。テキトーで申し訳ございません。と思っていたらレシートに、ちゃんと住所が書いてありました。

f:id:okka4:20181021160145j:plain

 

横浜市栄区犬山町56-8

TEL 045-893-6884

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

デッセ、犬山、港南台駅根岸線

 

半蔵門のパン屋「ル・グルニエ・ア・パン」

国立劇場に用事があり、せっかくなので近くのパン屋さんを探したところ、こちらのお店がヒットしました。場所は地下鉄半蔵門駅のすぐそばです。調べてみると、食べログのパン屋さん部門で2018年版名店100に選ばれているようです。

お店は、どういう構造になっているのかよく見ませんでしたが、パンが売っているエリアは通路が狭く、コの字型になっていて、お客さんとすれ違う際には、ちょっと注意が必要でした。パンは見るからに、「東京のパン屋さんっぽいなぁ」という、ちょっとオシャレさを感じました。

買ったのは、クロワッサンジャポン(280円)、ヴィエノワフロマージュ(200円)、パン・フィユテ(220円)、トマトエカマンベール(300円)、パンシュー(トン)(220円)です(外税)。

 

f:id:okka4:20181021155949j:plain

 

f:id:okka4:20181021155956j:plain

 

f:id:okka4:20181021160004j:plain

 

パンシューは、個人的に大好きなツナが「これでもか!」と、たっぷり入っていて美味しかったです。ヴィエノワフロマージュは、パンの表面にカリカリになったチーズがくっついていて、その香ばしさが良かったです。ただ、名店100に選ばれるほどに特徴のあるパンかなぁという気はしました。

 

東京都千代田区麹町1-8-8グランドメゾン麹町1F

 

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

半蔵門駅半蔵門線、東京都営、東京メトロ、地下鉄

 

飯田のパン屋「タイホーパン」

飯田駅の近くに泊まることがあり、「朝早くからオープンしているパン屋さんはないかなぁ」と思って調べたところ、こちらのお店がヒットしました。ということで、開店時間の7時に行ってみたところ、まだ、ほとんどパンが並んでいなかったため、一度、宿に戻り、8時頃にあらためて行ってみました。今度はちゃんと商品が並んでいました(笑)

昔ながらのパン屋さんといった感じではありますが、そんな中でも、少しオリジナリティのあるパンもありました。

買ったパンは、三折り(130円)、めんたいフランス(150円)、ミルク金時(190円)です(外税)。

 

f:id:okka4:20181021155317j:plain

 

f:id:okka4:20181021155326j:plain

 

f:id:okka4:20181021155332j:plain

 

三折りは、「ピーナッツクリームを塗って三つに折り重ねてあります」とありますが、あまりピーナツクリームっぽさは感じず、意外とアッサリとしていました。トースターで温めて食べたので、中のクリームがとろけて、それはそれで美味しかったです。ミルク金時は、「ほんのり甘いミルクパンに国産の上質な金時豆を巻き込んだ贅沢な一品です」とあり、かなり甘いのかなぁと覚悟していたのですが、甘すぎるということはなく、美味しかったです。パン生地もデニッシュ生地がモッチリフワフワで美味しかったです。

パンの種類が多く、価格も良心的で、良いパン屋さんでした。

 

長野県飯田市松尾町1-13

 

お店のホームページはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

飯田駅飯田線

 

弥生台のパン屋「ベッカライトーンガルテン」

戸塚付近はいつも渋滞するので、なかなか行く気がしないのですが、この日は、渋滞覚悟で家を出たので、一気に数店回ってやるぞ!と意気込んで、ブックマークしておいた、こちらのお店にも寄ってみました。

弥生台と言うと、以前、友達に教えて貰ったラピニヨン(こちら)も美味しかったのですが、こちらのお店も評判が良いようです。

お店に入ると左側にずらっとパンが並んでいて、対面式で注文するスタイルでした。入口から奥まで一通りパンの種類を見てみましたが、ハード系、デニッシュ系、菓子パン、惣菜パンと、なんでもござれ!といった感じで、買うのに迷ってしまいます。

買ったのは、ベーコンとくるみのクロックムッシュ(280円)、バターたっぷりクロアソン(175円)、じゃこフォカッチャ(240円)、プティフリュイ(ゆず・レモン・マカダミアナッツ)(220円)、プレーンスコーン(150円)、バゲットサンド(280円)、バタール(270円)です(外税)。

 

f:id:okka4:20181021155525j:plain

 

f:id:okka4:20181021155535j:plain

 

f:id:okka4:20181021155545j:plain

 

じゃこフォカッチャは、じゃこの塩気と食感がいいですね。クロックムッシュはくるみの食感がアクセントになっていて良かったです。バゲットサンドは少々塩気が強いように感じました。ただバゲットはカリッとしていて美味しかったです。プティフリュイは口に入れた瞬間、柑橘系の香りがフワッと鼻に抜ける独特の風味がありました。

お店を出るとき、調理場のほうから店主らしい方も出てきて、何度もお礼を言われたので、なんだか恐縮してしまい、こちらも「ありがとうございます」と言ってました(笑)

 

横浜市泉区弥生台26-2Vell House 1F

 

お店のFBはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

弥生台駅相鉄線いずみ野線相模鉄道

 

生麦のパン屋「キナリノワ」

国道1号線から、少し住宅街に入ったところにあるお店です。ただ、お店と言っても、ご自宅をお店としているので、外観からはパン屋さんとはわかりません。初めて行った時には、その辺をグルグル回ってしまいました。ということ、実は何度か行ったことがあるのですが、一度も、お店が開いているタイミングに行けたことがありませんでした。と言うのも、営業日がとても少なく、1ヶ月に5日間前後といった感じのようです。ということで、ほとんど「食べることはないだろう」と諦めていたのですが、先日開催された「黄金町パンとコーヒーマルシェ」をのぞいてみたら、こちらのお店が出店していたのでビックリ!ただ様子だけ見るつもりだったのですが、オープンまでの20分ほど時間をつぶして買って帰ることにしました。

たぶん、ご家族だと思いますが、ご両親と娘さんらしき3人で出店されていました。

 

「何度か行ったことがあるんですけど開いていたことがなくて」と話をすると

 

「すみません」

 

と笑っておられました。ちゃんとホームページに営業日が公開されているのに、それを見ないで行った自分が悪いんですけどね(笑)

買ったパンは、ブルーベリーヨーグルト(270円)、ゴマチーズ(250円)、カボチャパン(260円)です(内税)。

 

f:id:okka4:20181021155108j:plain

 

f:id:okka4:20181021155117j:plain

 

f:id:okka4:20181021155126j:plain

 

ゴマチーズは、チーズがたっぷり入っていて美味しかったです。ブルーベリー、カボチャともに、ホンノリと薄味ですが、パン自体はモチモチ、フワフワしていて美味しかったです。なんとなく、こういう方が作ると、こんなパンになりそうだなぁというご家族の雰囲気とパンの味がピッタリ合うパンでした。

 

横浜市鶴見区岸谷2-13-22

 

お店のホームページはこちら

お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

生麦駅京浜急行京急

 

中田のパン屋「パン好房アッカアッカ」

踊場から弥生台へ向かう途中、ナビに従って車を運転していたら、「向こうから対向車が来ませんように!」と、祈らずにはいられないほどの細く曲がりくねった坂道を走らされ、しかも途中で道を間違えてしまい、バックでしか戻れなくなったり、もうクタクタになり、ようやく広い道に出たと思ったら、偶然、こちらのお店を見つけました。既に、パン屋さん1店に寄っており、その後、2店に寄るつもりだったのですが、このような道は二度と通ることがないだろうから、寄っておかねば!と思い、店に入りました。

店内には、店主さんとその奥様らしき方がいて、パンを焼いた後の鉄板を洗っているところでした。そのノンビリ感から、パンは昭和っぽいものかと思いきや、なかなかオリジナリティ溢れるものがありそうでした。

買ったのは、四川風麻婆茄子(160円)、チョコバナナ(180円)、トロピカルロール(160円)、ハワイアンスコーン(190円)です(外税)。

 

f:id:okka4:20181008203946j:plain

 

f:id:okka4:20181008203953j:plain

 

f:id:okka4:20181008204003j:plain

 

ハワイアンスコーンは、「どんな味なんだろう」と、食べるのを楽しみにしていたのですが、しばらく冷凍庫で寝かせているうちに、「あれ?このパン、いつ、どこで買ったんだっけ?」という状態になり、何も思い出せないままに食べてしまいました・・・。あとで、自分が撮った写真を見て、「ゲゲッ!あれ、ハワイアンスコーンだったんだ!!」ということを思い出すに至りました。写真に撮った手書きポップを読み返すと「Hawaiiオアフ島のダイヤモンドヘッドの麓で人気の生クリームをたっぷり使ったしっとりスコーン!!ブルーベリーとクリームチーズ入り ぜひ温めてお召し上がりください マフィンのようにふわふわです」とのこと。言われてみればブルーベリー味だったような気がする・・・。ただ、スコーンというよりは、マフィンでしょ!という味だったような気がする。トロピカルロールは、いちご、メロン、キウイ、マンゴー、パパイヤ、パイン、レーズン、くるみがたっぷり入っていると書いてあったのですが、思ったほどの量ではなかったかなぁ。四川風麻婆茄子は、ピリッとした辛さがあって美味しかったです。

 

横浜市泉区白百合3-1-6

 

 以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

'a ka 'a ka、中田駅横浜市営、地下鉄

 

多治見のパン屋「ピエニュ」

美乃坂本の近くまで行くことがあったので、久しぶりに、こちらのパン屋さんに寄りたいなぁと思って調べてみたら「移転」の文字が。今年の6月頃に多治見に移転していたんですね。美乃坂本のお店は、雰囲気があってオシャレな建物だったのですが、駅からも離れていて、地元の方か、よほどのパン好きの方以外は、なかなか行かないだろうという立地条件でした。新しいお店は、多治見駅から歩いて20分弱程度でしょうか、まぁ、駅から近くはありませんが、それでも、以前に比べれば格段に行き易くなりました。

ということで、少し寄ってみました。お店は、集合店舗みたいな建物の2階の一部屋にあり、以前と同程度か、少し小さくなったように感じました。ケースに入ったパンを選んで店員さんに取って貰うスタイルは以前と変わりません。

家に帰るのは翌日だったため、その場で食べるものか日持ちするものしか買えないなぁと思い、パンオレ(320円)とクロワッサン(180円)を買いました(内税)。

 

f:id:okka4:20181021155748j:plain

 

クロワッサンはその場で食べたため写真がありませんが。バターの風味がよく美味しかったです。パンオレは家に帰ってからトースターで温めて食べました。パンオレの「レ」は牛乳のことだそうで、水の代わりに牛乳を使ったパンということで、フワリとした生地が美味しかったです。ただ、食べログの百名店に選ばれたのは、どのあたりが評価されているのかなぁというのは、これだけ食べただけではわかりませんでした・・・。

f:id:okka4:20181021155757j:plain

 

岐阜県多治見市住吉町7丁目29-6ファインビル住吉Ⅱ205

 

お店のホームページはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

パンブティック ピエニュ、PAIN BOUTIQUE PIEDS NUS、岐阜、多治見、中央線

 

関内のパン屋「乃が美はなれ」

以前、オープンする前に紹介しました(こちら)。

乃が美のパンは、それまでに何度か食べていたのですが、どの程度、人気があるかが気になって、オープン翌日に「あわよくば買おう」と様子を見に行きました。

オープン時間の11時にあわせて店の前に行くと、想像していたような行列が出来ていませんでした。

 

f:id:okka4:20181027141123j:plain

 

「おや?皆さん、オープンしたことをあまりご存知ないのかな?」

 

と思ったら、店の路地裏のような通りに、ずら~~~っと行列が。

 

f:id:okka4:20181027141133j:plain

 

「お見それいたしました!」

 

と、心の中でつぶやき、写真だけ撮って、その場をあとにしました。

翌週の土曜日14時頃に行くと、行列は出来ていませんでしたが、お店にパンは無く、「次に焼き上がるのは15時頃です」とのことだったので帰ることにしました。

さらに翌週、オープンからちょうど2週間後の金曜日、この日は、休日出勤した代わりのお休みをいただいたので

 

「平日なら、さすがにすいているだろう」

 

と思って、オープン時間の11時にあわせて行ってみました。

 

f:id:okka4:20181027141144j:plain

 

これ、2番目の写真と同じ写真じゃないですよ(笑)平日でも、これほどの行列とはビックリしました。

翌日の土曜日もジョギングがてら、11時頃にお店の前を通ったら、それほどの行列ではありませんでした。ということで、13時頃にあらためてお店へ行き、5分ほどは並びましたが、ようやく買うことが出来ました。

 

f:id:okka4:20181027141156j:plain

 

本当は1斤だけ買いたかったのですが、「売り切れです」とのことで、レギュラーサイズ(2斤サイズ)を買いました。864円です(内税)。

味は、以前書いたとおりです(こちら)。

私は予約せずに買いましたが、今は予約もできますので、予約をしてから行けばアッサリと買えると思います。

それにしても、この高級食パンブーム、いつまで続くのでしょうね。

 

横浜市中区常盤町1-2-1関内電子ビル1F

 

お店のホームページはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

関内駅根岸線京浜東北線横浜市

 

踊場のパン屋「Babyleaf」

踊場のパン屋さん「おばなし」が閉店したと聞き、この目で確かめよう!と、踊場まで行き、せっかくなので近くにある、こちらのお店に寄りました。

大きな通りから、ほんの少しだけ奥に入ったところにあるお店で、駐車場があるので、車で行っても安心です。

お店の外観はオシャレですが、入口は引き戸になっていて、そこを開けると、お客さんが来たことを伝えるチャイムが鳴り、そのあたりで、なんとなく、だんだん昭和を感じ

始め、さらに並んでいるパンを見ると、完全に昭和にタイムスリップしました。

買ったのは、甘辛根菜(180円)、かぼちゃカスタード(200円)、チリドック(180円)です(外税)。

 

f:id:okka4:20181008204402j:plain

 

f:id:okka4:20181008204411j:plain

 

f:id:okka4:20181008204419j:plain

 

惣菜は味が濃く、惣菜屋さんの味を連想させるものがありました。その味が強いので、パンの味は、あまりよくわかりませんでした・・・。かぼちゃカスタードは、デニッシュ生地だという点が、少し特徴的でしょうか。美味しかったです。

 

横浜市泉区中田東1-23-11

 

お店のホームページはこちら

お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

ビーリーフ、踊場駅横浜市営、地下鉄

 

諏訪のパン屋「ベーカリーカフェ モーツァルト」

諏訪インターの近くにあるお店です。パン屋さんですが、パン以外の食事もできます。実は、今回、このお店に寄ったのは、そちらが目的だったりしたのですが。ちょうど、昼食時で、高速に乗る前に寄るのに良い場所にあるので。

広いお店で、パンの販売エリアも広く、空間をゆったりと使っているなぁという印象です。

買ったのは、ノアール(220円)、カマンベールローフ(220円)、大葉ツナチーズ(180円)、チキンタイカレー(220円)です(外税)。

 

f:id:okka4:20181008204614j:plain

 

f:id:okka4:20181008204622j:plain

 

f:id:okka4:20181008204633j:plain

 

パンをトングで持ち上げた感じから、「あ~、なるほど・・・」と、だいたい味の想像がついてしまい、そして食べてみたら、想像通りの味でした。スーパーで作られているパンと同様、見た目に比べて重量が軽いんですよね。よく言えばフワフワということかもしれませんが、中には、そうあるべきないパンもあるような気がします。

 

ランチを食べて行きますと、店員さんに告げると、1杯無料になるというコーヒー用の紙コップの代わりに、「こちらをお持ち下さい。飲み放題となりますので」と言うので、言われるがままに、それを持ち、ウーロン茶などを飲みながら、ランチが始まる時間まで10分ほど待っていました。そして、ランチの注文受付時間になり、あらためてレジへ行きました。高速の渋滞が始まる前に家に帰りたかったので、早めに出来そうなパスタを注文しました。サラダの食べ放題付きというのもありましたが、単品でいいやと思っていたのですが

 

「ドリンクバー付きですよね。そうするとサラダの食べ放題もセットとなった料金になります」

 

とのこと。

 

「いやいや、別に、こちらが頼んで飲み放題にしたわけじゃないし!なんの説明もなくコップを渡されたから、別にのども渇いてないのに手持ち無沙汰で飲んでただけなんですけど!!」

 

と、内心、カチン!ときましたが、気が小さいので、そんな言葉は心の中にしまい、言われるがままセット料金を払いました。

しかも、すぐに出来上がると思っていたパスタは、なかなか出来上がらず。悔しいので、待っている間に、食べ放題のサラダとパンをいっぱい食べて、もう十分にお腹がいっぱいになってきたところでパスタが登場しました。

 

f:id:okka4:20181008204700j:plain

 

f:id:okka4:20181008204710j:plain

 

自分が作ったようなパスタだなぁ という味でした。

その後、上野原の手前で渋滞につかまってしまい、もう踏んだり蹴ったりでした。

 

長野県諏訪市沖田町1-153

 

お店のホームページはこちら

お店のFBはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

茅野駅、中央線

 

上諏訪のパン屋「くらすわ」

松本から横浜へ帰る途中、せっかくなので、どこかに寄って行きたいなぁと思い、長野に住んでいた頃に、よく遊びに行った諏訪に行くことにしました。

諏訪湖近くの道は、すっかり忘れてしまいましたが、私が知っている頃に比べると、きれいになったような気がします。諏訪湖の周りをジョギングしたら気持ち良さそうだなぁ。

こちらのお店は、「諏訪 パン屋」で検索してヒットしたのですが、アンテナショップのような、レストランのような、パン屋さんのようなところのようです。そして、かの有名な養命酒が運営しているとのこと。

諏訪湖のすぐそばにお店はあります。店内は、とても清潔感があり、ゴチャゴチャしていないので、ゆっくり商品を見て回れます。

パンの販売エリアは、店舗面積に比べて、それほど大きくはありませんし、パンの種類もそれほど多くはないようです。

買ったのは、クラスワクリームパン(180円)、ブルーベリーとクリームチーズのクリームパン(200円)、スコーン(100円)、信州味噌くるみパン(190円)です(内税)。

 

f:id:okka4:20181008204147j:plain

 

f:id:okka4:20181008204155j:plain

 

f:id:okka4:20181008204204j:plain

 

クラスワクリームはパン、お店のイチオシの商品のようです。まるでシュークリームのように、たっぷりのクリームがパンの中に入っていて、たしかに、これは美味しい!ほかでは食べたことがないクリームパンでした。信州味噌くるみパンは、一般的な味噌パンのように味噌が塗ってあるわけではなく、パン生地に味噌が練りこんであるんだと思うのですが、ものすごい味噌の風味があり、日本人の私が食べても相当にクセがあるなぁと感じたぐらいなので、外国人は食べられないんじゃないかなぁというほどの味噌風味でした。スコーンはサクサク感は好みでしたが、ちょっと甘く味付けしてあったのが少々残念でした。

 

長野県諏訪市湖岸通り3-1-30

 

お店のホームページはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

上諏訪駅、中央線

 

松本のパン屋「パン工房Marusho」

ホテルから松本城へ向かう途中に、たまたま見つけたお店です。調べてみると、創業88年とのこと。かなりの老舗ですね。

お店の中は広いです。私が行った時間が開店間もなかったため、まだパンを並べきれていない状態でした。その中から買ったのは、お城パンつぶ(99円)、ジャンボフランクドック(149円)、セールきのこチーズカレー(119円)、牛乳パン(129円)、牛乳パンつぶつぶマロン(99円←セール価格)です(外税)。

 

f:id:okka4:20180930072539j:plain

 

f:id:okka4:20180930072547j:plain

 

f:id:okka4:20180930072556j:plain

 

味は、自分が子供の頃に食べていたパン屋さんを一瞬思い出すような、懐かしい、昔ながらのパンといった感じです。値段も昔のままじゃなかろうか?というほど安いですよね。長野のご当地パンとして名高い牛乳パンは、つぶつぶマロンが、具が多くて、おすすめです。

 

長野県松本市城西2-1-26

 

お店のホームページはこちら

お店のFBはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

マルショウ、北松本駅大糸線

 

松本のパン屋「サパンジ」

せっかく松本へ行くので、事前に、松本のパン屋さんを検索したところ、こちらのパン屋さんの評価が高いようなので、松本に着いて、すぐに寄ってみました。

場所は、松本城のすぐ近くです。北松本駅が最寄駅のようですが、松本駅から歩いても、それほど遠くはないと思います。

お店は小ぢんまりとしていて、朝早かったせいもあるかもしれませんが、置いてあるパンの種類も、それほど多くはありませんでした。ただ、どのパンも丁寧に作ってあるなぁという姿をしています。

買ったのは、クルミと練乳クリームサンド(171円)、マロンデニッシュ(218円)、ダークチェリーデニッシュ(218円)、パインとクリームチーズ(171円)、ダッチブレッド(バター風味)(125円)、紅茶のサンライズ(185円)です(内税)。

 

f:id:okka4:20180930072313j:plain

 

f:id:okka4:20180930072322j:plain

 

f:id:okka4:20180930072330j:plain

 

実は、初日にクルミと練乳クリームサンドを食べたら、それが美味しかったので、翌日にもう一度行ったのですが、その際、店主さんが、「うちはデニッシュにこだわっているので、あまりデニッシュを食べたことがないようだったら食べてみて下さい」と、おっしゃるので、ダークチェリーデニッシュを買ってみました。実は、前日、マロンデニッシュを買ったのですが、ホテルにトースターが無かったので、美味しい状態で食べられなかったことを残念に思っていました。が、デニッシュを横浜まで無傷で持ち帰るのは、なかなかたいへんなので、長旅のときには敬遠することが多いのです(と言うわけで、味が気に入らなかったので、デニッシュを選ばなかったわけではないのです)。が、そこまでおっしゃるならとデニッシュを買って帰りました。そのダークチェリーデニッシュは、ややパリパリ感が強いかなぁと思いました。生地の味は、ダークチェリーの味が強くて、よくわかりませんでした。せっかく、すすめていただいたのですが味オンチで面目ない・・・。ただ、どのパンも美味しかったし、この味で、この価格は安いなぁと思いました。

 

 

長野県松本市大手2-8-7マルニビル1F

 

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

 

keyword

松本駅大糸線

 

高知のパン屋「菱田ベーカリー」

パンのフェス2018秋に出店していたので購入しました。

こちらのパン屋さんは、羊羹パンが代名詞のようで、各地のイベントに出店しているようです。羊羹パンと聞くと、北海道のようかんツイスト(こちら)を思い浮かべますが、こちらのお店のホームページを見ると、静岡にも羊羹パンがあり、各地の関連性は不明だそうです。また、もともとはパンを焼きすぎて焦げてしまった部分を隠すために、表面に羊羹を塗ったのが始まりで、それは昭和40年代頃のことだということも書いてありました。カステラに羊羹を挟んだようなシベリア(こちら)が明治から大正時代には存在していたということを考えると、焦げたパンの表面に羊羹を塗るというアイデアはそれほど突拍子も無いものでもなかったんでしょうね。

買ったのは、プレーン(200円)、レモン(210円)、バナナ(210円)、紫芋(210円)です(内税)。

f:id:okka4:20181008204921j:plain

 

f:id:okka4:20181008204929j:plain

 

f:id:okka4:20181008204939j:plain

 

羊羹は表面に塗ってあるだけなので、それほど羊羹の印象は強くはなく、普通のあんぱんと、それほど変わらない味でした。インパクトだけで比較すれば、その甘さという点で、北海道のようかんツイストの勝ちかなぁと思いました。いつか静岡のようかんパンも食べてみたいところです。

 

高知県宿毛市和田340-1

 

お店のホームページはこちら

 

以下もご覧下さい

・このお店の写真⇒こちら

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

多治見のスコーン屋「famfam」

パンのフェス2018秋に出店していました。

初日に、「スコーンの専門店があるんだ」と思って素通りしてしまったのですが、家に帰ってから無性にスコーンが食べたくなり、最終日にあらためて行ってみました。

多治見のお店ということで、なんとなく親近感があり

 

「多治見のお店なんですね」

 

と話しかけたところ、お店を出しているわけではなく、通販専門店だそうです。スコーンは、ある程度、日持ちしますし、受注してから作れば、売れ残りもなくなるので、その形態は理想的かもしれませんね。

買ったのは、クランベリーヨーグルト、グラハムオレンジピール、抹茶です。値段をメモし忘れましたが、300円弱だったと思います。

 

f:id:okka4:20180930071944j:plain

 

プレーンが食べたかったのですが、売り切れだったのは残念でした。生地は、キメが細かく、個人的には、もう少し粗さが残っているほうが好みかなぁ。抹茶のスコーンは初めて食べました。見た目は良いですが、いまいちスコーンには向いていないように感じました。ネガティブなことばかり書きましたが、よくパン屋さんで売っているスコーンに比べると、これぞスコーン!といった味で、美味しかったです。

 

岐阜県多治見市弁天町4-12

 

お店のホームページはこちら

 

以下もご覧下さい

・パン屋おすすめ度⇒こちら

・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら