あれこれと パン屋さん

パン屋さん巡りをしているうちに、その数が増えてきて、自分でもどこへ行ったかわからなくなってきたのでデータベースのつもりでブログを作りました。ご活用いただけますと幸いです(笑)

元町中華街のパン屋「オートウー」

とりあえず、中華街で食事をした後はオートウーへ行くのが、お決まりのパターンになっているのですが、いつ行っても行列ができているので、嬉しいような、残念なような複雑な気持ちで、お店へ寄らずに家へ帰ることが増えました。
この日は、朝、かなりの雨が降ったので、すいてるかなぁと思って行ってみると、そんなことはなく、お店へ入ると、あらかたパンは売り切れ状態でした。
「すごい人気ですね」
「ちょっと前までは、パンがあったんですけど・・・」
と、申し訳なさそうにおっしゃっていました。そして、この日は、アルバイトの方に初めてパンを袋に包んでいただきました。コロナ禍でもお客さんがいっぱい来ているようで良かったなぁと思う一方で、久しぶりにショクパンが食べたいなぁと。ということで、翌週は、開店時間の9時にお店へ行きました。10人ちょっとの行列ができていました。
「早く来ないと買えないので、今日は早めに来ました」
「スミマセン・・・。平日はそうでもなかったんですけど」
と、相変わらず腰が低い。
さらに、ゴールデンウィークの最終日に行ってみると、意外にも行列ができていませんでした。
アルバイトの方が対応してくれていたのですが、奥のほうでパンをこねていた店主さんが、私の姿を見て、パンを作る手を止めて、わざわざ出てきて下さいました。
ゴールデンウィーク最終日に来てみました」
「開店後しばらくはお客さんが来ていたんですけど、パタッと来なくなりました」
「雨の予報だったので、そのせいかもしれませんね」
「もう降ってるんですかね」
「まだ降っていませんが・・・」
といったなんでもない会話しかしないのですが、わざわざ対応して下さる気持ちが嬉しいです。
写真に撮ったのは、ショクパン(400円)、アールグレイオレンジ(250円)、いちじくとマロン(250円)、ねぎぱん(200円)、バゲット(200円)です(内税)。

 

f:id:okka4:20210514054449j:plain

 

f:id:okka4:20210514054459j:plain

 

f:id:okka4:20210514054508j:plain

 

f:id:okka4:20210514054516j:plain

 

f:id:okka4:20210514054527j:plain


コロナ禍が収束すると、全国からパン好きがいっぱい来るようになりそうな。そうなると、ますます買いづらくなるので、近所の方は、今のうちに買っておいたほうがいいかもしれませんね。

 

横浜市中区元町1-54 リブレ元町 2F


お店のFBはこちら
お店のインスタはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
オー ト ウー、O to U、石川町駅根岸線京浜東北線元町・中華街駅みなとみらい線

センター南のパン屋「ブーランジェリー パティスリー トレトゥール アダチ」

2年ぶりに行ってみました。こちらのパンは、ここでしか味わえないものが多く、たまに、とても食べたくなります。
ゴールデンウィーク前半の朝早くに行ってみたら、すでに行列ができていました。近くのコインパーキングに車を停めて「1時間ぐらい並ぶことになるのかなぁ」と、覚悟しながら並んでいたのですが、わりと回転が早く、15分ぐらいでお店に入ることができました。さすがに、こういうご時世なので、常連さんが多く、どれを買うか迷ったり、抱えきれないほど大量に買うお客さんが少ないということなのかもしれません。
私は、もう一度食べたいと思っていたものを中心に買うことにしました。買ったのは、スエドワエビ(580円)、パンオミエル(540円)、フリュイ(420円)、カシスマロン(520円)、セーグルフリュイ(530円)、ヴィエノワショコラ(280円)、フーガス(530円)です(外税)。

 f:id:okka4:20210510055544j:plain

 

f:id:okka4:20210510055556j:plain

 

f:id:okka4:20210510055604j:plain

 

f:id:okka4:20210510055614j:plain

 

f:id:okka4:20210510055622j:plain

 

f:id:okka4:20210510055631j:plain

 

f:id:okka4:20210510055639j:plain

いや~、毎回思うのは、まず、価格のインパクトがスゴイ!そして、ズッシリ感がスゴイ!
たぶん価格だけ見ると「高いなぁ」と思う方がほとんどだと思うのですが、実際に、手に持ってみると、「これって、ホントにパンなんだろうか?」というほどの重量感に、なんとなく「これだけの重量があるなら妥当な価格なような気がするなぁ」という気持ちになります(笑) たいていのパンが重いのですが、それは具がギッシリ入っているからなのです。小麦はほとんどツナギみたいな感じで、パンというよりもドライフルーツを食べているような。そう言うと、パンの味は二の次みたいに聞こえてしまうかもしれませんが、例えば、ヴィエノワなんかは、パンの美味しさを味わうことができて、パン自体も美味しいことがよくわかります。それにしても、フーガスの写真は、完全に木と一体化してしまっていて、とてもパンには見えませんね(笑)

 

横浜市都筑区茅ケ崎中央22-15ルーナレガーロ1F


お店のFBはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
Boulangerie Patisserie Traiteur ADACHI、センター南駅横浜市営、地下鉄

横浜のパン屋「銀座に志かわ」

先日、よもぱんへ行った際に、奥様から
松原商店街の近くに銀座に志かわができたそうですよ」
という話を聞き
「へぇ、そうなんですね。そう言えば、弘明寺にも東京ノアレザンができてますね」
という高級食パン専門店についてのお話をしたばかりだったのですが、いつの間にか、横浜のそごうにも、銀座に志かわがオープンしていたので、そちらへ行ってみました。
調べてみると、オープンしたのは、3月2日とのことで、松原商店街より約2週間早くオープンしていたようです。そごうには、他にも、高級食パン専門店の「あずき」が入っているし、ほかにもパン屋さんが複数あるのですが、競合しないのだろうか?
ゴールデンウィーク中の夕方に行ったら、意外と誰も並んでいなかったので、1本買ってみました。1本(2斤)864円です。数年前なら「高いなぁ」と思ったのでしょうが、最近は、そう思わなくなってしまった自分は、完全に高級食パンブームを仕掛けた人の戦略にはまっているような気も・・・。

f:id:okka4:20210505150220j:plain


味は、乃が美と似ていますね。どちらが本家かわかりませんが、その味に近いものを作ったということなんでしょうね。毎日食べるパンとしては、やはり高いと思いますが、プレゼントとしてはいいんですよね。

 f:id:okka4:20210505150235j:plain

 

横浜市西区高島2-18-1そごう横浜店B2F


お店のHPはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
横浜駅東海道線横須賀線京浜東北線京浜急行京急みなとみらい線横浜市

北海道のパン屋「モージューブレッド」

横浜そごうの北海道物産展へ行ったら、こちらのお店がありました。目玉商品は、マリトッツォのようでした。最近、急速に流行していますよね。生クリームを大量に挟んだハンバーガーみたいなパン。基本的に、生クリームが好きではないということと、SNS映えを狙っているのが見え見えで、その時点で「世の中の風潮に迎合していいのか!パン屋としてのプライドはあるのか!!」と思ってしまうのですが(全く余計なお世話ですが)、そちらは敢えて買わず、食パンを買うことにしました。
食パンは、チーズを練り込んでいて、チーズの種類ごとに数種類ありました。その中から、リコッタフロマージュブランを買いました(たぶん1080円)。

 

f:id:okka4:20210504190603j:plain

※写真は半分に切った状態


パンは日もちするように、乾燥剤入りのビニール袋に入っていて、さらに、それを立派な箱に入れています。ということで、ちょっとパサパサしていて、それほど濃厚にチーズの風味を感じることもなく、あまり美味しくなかったです。
後で調べてみると、こちらは店舗を持たないパン屋さんのようで、通販専門店のようですね。北海道物産展で出店しているのは、北海道産の材料を使っているということと、会社自体が札幌にあるからのようです。高級食パンブームにのっかり、店舗を持たずに、廃棄するパンをできるだけ減らすことができれば、それは、パン屋さん的には良いシステムだと思います。が、お客さん側の立場からすと、どうなんだろう?ということを、とても感じました。ヒットするためには美味しいことが大前提だと思うのですが。
今回はだいぶ辛口コメントになってしまいました。ゴメンナサイ・・・。

 

お店のHPはこちら


以下もご覧下さい
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
MOOJUU BREAD

富岡のパン屋「横浜パンの家」

横浜市金沢区に2店舗あり、富岡駅のすぐ近くにあるほうのお店へ何度か行こうと試みたのですが、車を停める場所を見つけられず断念してきました。よくよく調べると、駅から遠いほうのお店には駐車場があるようなので、コストコへ行った帰りに寄ってみました。
こちらのお店は、朝6時半から開いているそうです。住宅街にあるパン屋さんなので、朝食に買いに来るお客さんも多いのでしょうね。そして、近くには、野球で有名な横浜高校向井理さんの出身校である氷取沢高校があったり、富岡中学校があったりするので、学生さんもよく来るのかもしれません。お店は想像していたよりも大きく、並んでいるパンは懐かしさを感じるものばかりでした。
買ったのは、ミートパイ(194円)、カツカレー(183円)、からあげパン(183円)、バターフランス(248円)、食パン(259円)を買いました(内税)。

 f:id:okka4:20210428054256j:plain

 

f:id:okka4:20210428054308j:plain

 

f:id:okka4:20210428054316j:plain

 

f:id:okka4:20210428054324j:plain

カツカレーは、パンのまわりにくっついているクルトンっぽいものがカリカリとよい食感で美味しかったです。ほかのパンも、「これは美味い!」というインパクトのあるパンはありませんでしたが、どれも無難に美味しかったです。そこも昔ながらのパンらしいところですね。

 

横浜市金沢区富岡西6-44-34


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
富岡駅、京浜急行京急

美唄のパン屋「すぎうらベーカリー」

なかなか北海道へ行けないので、せめてデパートで北海道物産展が開催されているときには行くぞ!ということで、行くのですが、少々、規模が縮小されてきているように感じます。このご時世だから仕方がないけど。
そごうには、今回も美唄から「すぎうらベーカリー」というパン屋さんが来ていました。このお店のパンを初めて食べたのも、そごうの北海道物産展に出店していたときで、その後、「どんなお店なんだろう」と、気になって、北海道へ行ったときに、お店へ寄ってみたのでした(こちら)。
今回は、そごうの閉店時間前に行ったので、ほとんど売り切れ状態で、ちょっとだけ残っていた、お米で作ったシフォンケーキだけを購入しました。

 f:id:okka4:20210426054607j:plain

会計を済ませてから、少し話しかけてみました。

美唄のお店へ行ったことあるんですよ」
「そうなんですか!何もないところですけど」
「北海道へ行くと、焼き鳥を食べに美唄に行くことが多いんですよ」
「今年の冬は一週間も断水があってたいへんだったんですよ」
「それはたいへんでしたね。今はコロナ禍でなかなか行けないですが、また北海道へ行きたいです」
「落ち着いたら来て下さいね」

そうかそうか、美唄はそんなたいへんだったんだなぁと、後で、北海道に住んでいた頃からの友人に聞いてみると、それはそれはたいへんだったらしいよとのこと。断水だけではなく、なんでも相当な寒波のために、煙突に冷気が入り込みストーブの火がつかない家が多かったり、雪で国道沿いの家がつぶれてしまい、道を塞いでしまったので、大渋滞したり・・・。しかたがないので、歩いて水を貰いに行かなきゃいけなかったり、もう踏んだり蹴ったりの状態だったそうです。ニュースで取り上げられるのはコロナばかりで、そんなたいへんなことが起こっていたとは知りませんでした。
だいぶ話がそれました・・・。お米のシフォンケーキは、シットリ感が失われてしまっていたのは残念でした。作りたてであれば美味しかったんだろうなぁという味でした。

 

お店のHPこちら


以下もご覧下さい
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

上星川のパン屋「バニヤンツリーベーカリー」

こちらのパン屋さんを目指して、以前、車で行ったのですが、「うお~!場所がわからん!!」と、なってしまい、家と上星川間を単に往復しただけになってしまったのでした。という反省を踏まえて、今回は、近くに車を停め、歩いてお店へ向かいました。
お店はこぢんまりとしていて、開店時間から間もなかったからかもしれませんが、パンの種類もそれほど多くはありませんでした。ただ、どれも美味しそうで、どれを買おうか迷いました。
お店の方は、とても感じがよく
「10時に合わせて来て下さったんですか。ありがとうございます」
と、レジの際に、声をかけて下さいました。
買ったのは、ノアレザンフローマジュ(400円)、日替わりパニーニ(250円)、練乳バターサンド(120円)、クリームパン(150円)、チーズドッグ(260円)です(内税)。

f:id:okka4:20210423061245j:plain

 

f:id:okka4:20210423061254j:plain

 

f:id:okka4:20210423061303j:plain

 

f:id:okka4:20210423061310j:plain

 

f:id:okka4:20210423061318j:plain


クリームパンはお店の人気ナンバーワンと書いてありました。甘さ控えめで、我々世代にはちょうど良い味かなぁと思いました。地元の客層も考えて、メニューや味を考えているのかなぁ。パニーニとチーズドッグは、ちょっと味が濃いかなぁと思いました。パン生地そのものは、フワッとしていて美味しかったです。冷凍の明太塩チーズパンというのも持ち帰り用であるようで、とても気になりました。今度買ってみようかなぁ。

 

横浜市保土ケ谷区上星川3-2-24 1F


お店のHPはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
上星川駅相鉄線

石川町のパン屋「よつばベーカリー」

元町から石川町あたりまでは、ホントにパン屋さんが増えました。数年前までは、ウチキパン、ポンパドウル、昭和ベーカリー、ブラフベーカリー、パンオトラディショネル(閉店)、ヴィドフランス(閉店)、HOKUO(閉店)ぐらいしかなかったのですが、今は、マリンベーカリー、エコモベーカリー、オートウー、レブレッソ、カオリズ、ハマブレッド、アサヒパン、ふぁてぃ、そして、よつばベーカリーが、徒歩20分ぐらいの範囲に集まっています。私の感覚ですが(ですので根拠はないですが)、観光客に人気があるのは、ウチキパン、ブラフベーカリーかなぁ。やはり知名度があるので、一度は食べてみたいと思うのだと思います。そこに、最近、テレビで紹介されて人気が出てきたのがオートウーとハマブレッドで、行列を見かけるようになりました。
よつばベーカリーは、観光客がたまたま通るということがほとんどない道沿いにありますので、今のところ地元のお客さんが多いのではないかと思いますが、お店の前を通ると、たいていお客さんが入っているので、常連さんが多いのではないかと思います。
私はずいぶんご無沙汰してしまいましたが、お店の様子は以前と変わっていませんでした。
買ったのは、かのこ豆のデニッシュ(270円)、塩豆もちあんぱん(200円)、ジャーマンドック(300円)、ちくわぱん(190円)です(外税)。

f:id:okka4:20210421054418j:plain

 

f:id:okka4:20210421054429j:plain

 

f:id:okka4:20210421054438j:plain

 

f:id:okka4:20210421054447j:plain

かのこ豆のデニッシュは、デニッシュに豆がのっているだけだと思ったら、中にはあんこと生クリームがたっぷり入っていました。甘党の方には、たまらない一品ですね。だいぶカロリーが高そうなので、食べることに、ちょっと罪悪感がありますが(笑)ちくわパンは初めて食べました。本家「どんぐり」のちくわパンをよく研究しているんだろうなぁという外見。どんぐりのちくわパンは、パンがフワフワとやわらかく、たっぷりのツナが入っているために油が染み出しているのが特徴ですが、こちらのパンは、ちょっと硬めで、ツナもそこまでは多くないので、比較的、アッサリしているように感じました。ジャーマンドックは相変わらずの美味しさです。
パンの種類はそれほど多くはないのですが、どのパンも美味しいです。

 

横浜市中区石川町2-68-4

 

お店のFBはこちら
お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

keyword
石川町駅根岸線京浜東北線元町・中華街駅みなとみらい線

甲府のパン屋「丸十パン」

出張で甲府へ行く機会がありました。仕事が終わり、駅に着いたのが、予約した特急が出発する20分前。
「丸十パンへ行って戻って来るには微妙な時間だなぁ。かと言って時間をつぶすには、20分というのはちょっと長いよなぁ。ヨシ!行くぞ!」
と、ちょっと小走りで丸十パンへ向かいました。
夕方にお店へ行ったら、ちょうど30%オフの値引きをはじめたところでした。
買ったのは、ヨーグルトブレッドハーフ(205円)、レーズンスネーク(220円)、カスタードクリームパン(140円)、エッグラビット(185円)です(外税・値引き前の値段です)。

f:id:okka4:20210413054150j:plain

 

f:id:okka4:20210413054159j:plain

 

f:id:okka4:20210413054207j:plain

 

f:id:okka4:20210413054215j:plain

丸十製パンは、ドライイーストを開発した田辺玄平さんやその弟子達からパン製造方法を学び、開業したパン屋さんで、チェーン展開されているわけではありませんが、関東のいろんなところにあります。私が住む横浜では、横浜橋商店街にある丸十早川ベーカリーや鶴見にあるエスプランがそうです。甲府の丸十パンは、丸十製パンの中でも歴史が古く、田辺さんがドライイーストを開発した6年後の大正10年に開業したとのこと。大正10年って、何年前のことかよくわかりませんが、調べてみると、ちょうど100年前なんですね。日本でも、100年以上の歴史をもつパン屋さんは、きっと、それほど多くはないはず。
ということで、味は、昔ながらのソフトで素朴な優しい味です。最近流行りのパンも美味しいですが、こういう素朴なパンも美味しいですね。


山梨県甲府市丸の内2-28-6


お店のHPはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
甲府駅、中央線、身延線

元町中華街のパン屋「オートウー」

最近、オートウーの登場率が高いですね(笑)
パン旅で紹介される際、「放送された後、きっと行列ができるお店になりますよ」というお話をした手前、もし、そうならなかったら、なんだか申し訳ないなぁという気がして、「お客さん来てるかなぁ」と、気になって、土日は1日に数回様子を見に行ってしまいます(笑)
最近、週末に雨が降ることが多く、一度、雨の日に行ったら行列ができていなかったので、お店の中まで入って行くと、「今日はヒマです・・・」と、おっしゃっていました。ただ、天気がいい日は、お客さんがいっぱい来て、たいへんだったということもおっしゃっていて、「やっぱりパン旅の影響はスゴイですね」とのこと。自分の発言が無責任なものにならなくて良かったと胸をなでおろしたのでした。しかし、翌週の週末、また雨が降りました。ということで、「これはいかん!」と、12時過ぎにお店に行きました。
挨拶をすると
「いらっしゃる日は雨ですね」
と、スルドイ指摘をされました(笑)
「雨の日ならすいてるかなぁと思って」
しかし、並んでいるパンは少なく、ほとんど売り切れ状態でした。この日は元町でチャーミングセール中だったということもあるのでしょうけど、それにしても、12時過ぎにほぼ売り切れとはスゴイです。
他のお客さんとの会話で知ったのですが、バイトを募集していたそうです。そのことを聞いてみると、「お客さんがすごくて」とのこと。テレビの影響、オソルベシ。
いつも買う食パンも残念ながら売り切れだったので、残っているパンの中から、クロワッサン(200円)、さばトマト(260円)、黒まめとヘーゼルナッツ(250円)を買いました(内税)。

f:id:okka4:20210404165351j:plain

 

f:id:okka4:20210404165404j:plain

 

f:id:okka4:20210404165413j:plain

意外にもクロワッサンは初めて食べたかもしれません。バターの風味がよく、サクサク食感も心地よく、やはり美味しいです。
このまま行列のできる店になると嬉しいけど、なかなか食べられなくなるのは辛いなぁ。

 

横浜市中区元町1-54 リブレ元町 2F


お店のFBはこちら
お店のインスタはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
オー ト ウー、O to U、石川町駅根岸線京浜東北線元町・中華街駅みなとみらい線

石川町のパン屋「アサヒパン」

まだ知らないパン屋さんがあったとは・・・
最近、元町にパン屋さんが増え、メディアで取り上げられることも増えてきました。
「ホント、急にパン屋さん、増えたよなぁ」
と思いながら、元町のパン屋さんについて、ネットでボンヤリ見ていたとき
「んっ?アサヒパン?」
という行ったことのないパン屋さんの存在に気が付きました。調べてみると、ハナウタカフェというお店に併設されているとのこと。ということで、ハナウタカフェで検索すると食べログにも情報が載っているのですが、アサヒパンでは引っかからなかったようです。
早速、お店へ行ってみました。場所は、石川町駅の最も山手側の改札を出て右側に歩いて行き、よつばベーカリーを過ぎて、信号を渡ったあたりにあります。
お店の外側からパンが並んでいるのが見えて、お店の外と内からパンの種類と値段がわかるように工夫されています。店内はかなり狭く、その入口付近に並んだパンをお店の人に取って貰うスタイルです。
買ったのは、十勝あんバター(240円)、ヴィエノワショコラ(221円)、キュルキュマ・ソーセージ(340円)、栗とさつまいものパヴェ(290円)です(外税)。

f:id:okka4:20210401061806j:plain

 

f:id:okka4:20210401061814j:plain

 

f:id:okka4:20210401061821j:plain

 

f:id:okka4:20210401061828j:plain

どのパンも美味しかったです。パンの種類は多くはありませんが、かなりこだわりをもって作っているんだろうなぁということは感じます。十勝あんバターは、ちょっと粗めにつぶした粒あんと、バターの塩味のバランスがいいなぁと思いました。そして、パンはかなりハードで、表面の尖った部分が口の上側に刺さったほどです(笑)ただ、パンの内側は、表面から想像するほどには密度が疎ではなく、わりとシットリしていて、そのあたりもあんバターとの相性を考えているんだろうなぁと感じました。
小麦の味がたまらなく好きという根っからのパン好きには好まれそうですが、そういう人はそれほど多くはないでしょうから、もう少し万人受けしそうなパンがあると、いろんなお客さんが訪問しやすくなりそうに思いました。


横浜市中区石川町3-108-1


お店のHPはこちら
お店のインスタはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
ASAHI PAIN、石川町駅根岸線京浜東北線元町・中華街駅みなとみらい線

弘明寺のパン屋「よもぱん」

だいぶご無沙汰してしまったなぁと気にはなっていたのですが、なかなか行けず、約2ヵ月ぶりの訪問となりました。
朝から雨が降っていたので、すいているかなぁと思って行ったら、お客さんが入れ代わり立ち代わり状態といった感じでした。実は、同じ日にオートウーにも行ったのですが、店主さんが、「今日はヒマです・・・。晴れている日は、お客さんがいっぱい来て、テレビの影響はすごいなぁと思ったんですけど」と、おっしゃっていました。よもぱんは、車で来るお客さんが多いけど、オートウーは歩いて来る人が多いという違いによるのかもしれませんね。
ということで、奥様は忙しそうにしていらっしゃったため、挨拶程度で、あまりお話ができなかったのですが、相変わらず、元気いっぱいのご様子でした。
しばらくご無沙汰している間に、新しいパンが増えていました。
買ったのは、いちごのデニッシュ(320円)、ハムカツ(310円)、プリンぱん(180円)、さくらあんぱん(230円)、コーヒーあんぱん(190円)、よもぱん(250円)です(内税)。

 f:id:okka4:20210331055133j:plain

 

f:id:okka4:20210331055149j:plain

 

f:id:okka4:20210331055200j:plain

 

f:id:okka4:20210331055208j:plain

 

f:id:okka4:20210331055218j:plain

 

そして、あんぱんをいただいてしまいました。

f:id:okka4:20210331055228j:plain


いちごのデニッシュはいろどりもキレイですが、食べても美味しかったです。いちごの酸味と優しい甘みに、練乳の甘み、バターの香りが混然一体となって、至福!プリンぱんも初めて食べましたが、カスタードとカラメルが層になっていて、まさにプリンがパンの中に入っているようで美味しかったです。やはり、こちらのパンは美味しいなぁと再認識しました。


横浜市南区永田南2-12-3


お店のtwitterこちら
お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
弘明寺駅京浜急行京急横浜市

横浜のパン屋「メゾンイチ」

横浜の高島屋に「ベーカリースクエア」という一角がオープンしました。いろんなパン屋さんを集めていて、ちょっとしたパンフェスのようで、お客さんとしては、いろんなパンを食べられるのが嬉しいところです。神奈川県のパン屋さんが多いですが、中には、神奈川初出店のお店があり、そのうちの一つがメゾンイチです。こちらのパン屋さんは、最近、放送されたパン旅で、代官山のお店が紹介されていました。また、個人的には、前々から行きたいなぁと思っていた五反田の「パネッテリア・アリエッタ」は、メゾンイチのホームページ内で営業時間の案内などがあるので、同じ系列のお店なのでしょうかね。
ということで、オープン間もないベーカリースクエアに行き、こちらのお店だけを目指しました。
予想していたとおり、かなりお客さんで混雑していましたが、並ぶこともなく購入できました。
買ったのは、まるごとフルーツサンドいちご(450円)、チーズとトマト(360円)、栗のパン(250円)、ヴェノワーズショコラ(250円)です(外税)。

f:id:okka4:20210323203924j:plain

 

f:id:okka4:20210323203933j:plain

 

f:id:okka4:20210323203942j:plain

 

f:id:okka4:20210323203952j:plain

最近、流行りのフルーツサンドは、いつも買ってから後悔するのですが、今回も・・・。いかにも美味しそうに見えるように、うまいこと作ってあるなぁと感心はしますが、肝心の味が・・・。初めにそういう印象を持ってしまうと、ほかのパンが美味しいとしても、もう気に入らなくなってしまうのは自分の器の小ささゆえでしょうかね。

f:id:okka4:20210323204009j:plain


横浜市西区南幸1-6-31横浜高島屋B1F


お店のHPはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
Maison Ichi、メゾン イチ、メゾン・イチ、横浜駅東海道線横須賀線京浜東北線京浜急行京急みなとみらい線横浜市

馬車道のパン屋「高匠」

11月に馬車道に食パン専門店ができたばかりなのに(こちら)、また新しい食パン専門店ができました。こちらは、もともと大阪のパン屋さんのようですが、関東でも10店舗ほどオープンしているようです。そして、こちらのパンの特徴が、湯種製法とのことで、先にオープンしたグラヌーズとかぶっているではありませんか!なぜ、こんな狭いエリアに、複数の食パン専門店がオープンするのかなぞですが・・・。乃が美が、いつも大行列だったのを見たのかなぁ?何はともあれ、オープンしてまだ1週間も経っていないので、あまり知られていないうちに行っておこうと思って行ってみました。
お客さんはいなかったのですが
「予約されていますか?」
と訊かれ、ゲゲッ!予約していないと買えないのか!と思ったのですが
「予約されていない方用にもいっぱいご用意してありますので大丈夫です」
とのことで良かった良かった。
「何本ですか?」
と訊かれ、メニューは、どうやら一つしかないらしいことがわかりました。
「それでは、1本」
ということで、1本(2斤分)を購入しました。税込み850円でした。

f:id:okka4:20210319194606j:plain

湯種パンということで、モチモチとした食感が特徴ではありますが、オートウーの食パンを食べ慣れているので、このぐらいの食感だと、それほどモチモチとは感じなくなってしまいました・・・。乃が美のような強引な甘みはなく、バターの香りがフンワリとするところに上品さを感じます。
それにしても、高級食パンブームはいつまで続くのでしょうかねぇ。

f:id:okka4:20210319194617j:plain


横浜市中区常盤町6−76東邦ビル1F


お店のHPはこちら


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
馬車道駅みなとみらい線

矢口渡のパン屋「ミッキー」

この日は、武蔵小杉方面に用事があったので、まずは、こちらのパン屋さんへ寄ってから行くことにしました。パンが安くて美味しいのがお気に入りなのですが、ご高齢のおじいちゃんが、お元気かということも気にかかるところです。
約半年ぶりにお店へ行ってみると、店の様子は変わっていませんでしたが、おじいちゃんの姿がありませんでした。お店の方に聞いてみようかと思いましたが、それを聞くのもちょっと怖いような気がして聞けませんでした。お元気なのだろうか。
買ったのは、焼きそばパン(160円)、えびカツ(300円)、ツナ・ハムサンド(300円)、ラー油チキントマト・ハムサンド(300円)、食パン(250円)です(内税)。

f:id:okka4:20210316060414j:plain

 

f:id:okka4:20210316061011j:plain

 

f:id:okka4:20210316061019j:plain


少し値上がりしているようですね。それでも安いけど。
昔ながらのパン屋さんって、どこか共通した美味しさがあるような気がしますね。とてもソフトな食感で、コッペパンの表面のパリッとした部分の層がとても薄いのですが、それでも確かな存在感があって美味しいんですよね。もちろん、最近のパン屋さんのパンは、かなり研究されていて多種多様な美味しさを味わえるという楽しさがあって、それはそれで嬉しいのですが。昔ながらのパン屋さんにも、その良さがありますね。


東京都大田区多摩川2丁目23-12


以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

keyword
矢口渡駅東急多摩川線