あれこれと パン屋さん

パン屋さん巡りをしているうちに、その数が増えてきて、自分でもどこへ行ったかわからなくなってきたのでデータベースのつもりでブログを作りました。ご活用いただけますと幸いです(笑)

白楽のパン屋「ラ・ブティック・ドゥ・マモル」

11月6日にオープンしたという情報をネットで見つけて、早速、行って来ました。
車で行くと、きっと駐車する場所に困るだろうなぁと思い、天気が良かったこともあり、東神奈川駅から歩いて行きました。だいたい15分ぐらいでしょうか。ちなみに最寄り駅は白楽駅です。
六角橋商店街の中の、人がすれ違うのがやっとぐらいの狭い通路沿いの、これまた小さなエリアにお店が収まっているといった感じの佇まいです。そのため対面式となっています。まだ開店間もない時間帯に行ったからだと思いますが、パンの種類はそれほど多くはなかったです(会計をしている最中に、「〇〇が焼き上がりました」と言っていたので、開店から少し時間をおいてから行ったほうが良かったかもしれません)。
買ったのは、メープルクロワッサン(250円)、チョコレートパン(190円)、コーヒークリームパン(190円)、バゲット(205円)です(内税)。

f:id:okka4:20201123071934j:plain

 

f:id:okka4:20201123071942j:plain

 

f:id:okka4:20201123071950j:plain

作っているのが、フランスで修業された方のようで、そう聞かされると「なるほど」という種類のパンばかりですね。どれも上品な味ですが、個人的には、もっと具沢山のほうが嬉しいかなぁと。バゲットはフランス産の小麦を使っているそうです。そう聞かされると、「なるほど」と、おフランスの香りが漂ってくるような気がするから不思議。ちょっと辛みのないワサビのような風味も感じました。それがおフランスの香りなのかよくわかりませんが(笑)もう少し多くの種類のパンが出揃う時間帯にお邪魔しようかなぁ。


横浜市神奈川区六角橋1-11-16


お店のFBはこちら
お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
La Boutique de Mamoru、白楽駅東横線

馬車道のパン屋「グラヌーズ」

横浜の情報サイトを見ていて、「あぁ、また高級食パンのお店がオープンするんだぁ」ということを知ったのですが、「あれ?どこかで聞いたことがある名前だなぁ。おぉ!あのお店が復活するのか!」ということに気が付きました。それは約4年前に地元の人たちに惜しまれつつ閉店したパン屋さん「レェ・グラヌーズ」です。以前、ブログにも書きましたが(こちら)、好きなパン屋さんだったのですが、採算が合わずに店を閉めることになったという記事を読んだことがあります。そのお店で人気があった湯だね食パンが復活するとのことで、「これは行かなければ!」と、オープンした週の土曜日に早速行って来ました。
もしかしたら、行列ができているかもしれないと思って、開店の20分ほど前に行くと、まだ誰も並んでいませんでした。お店の様子を見ていると、お店は火曜日にオープンしていましたが、まだ内装かどこか手直しが必要なところがあったのか、脚立を持って作業している方がいらっしゃいました。そんな様子を見ていると、中から、お店のシンボルカラーであるオレンジのネクタイをしめたスーツ姿の方が、「いらっしゃいませ。もうしばらくお待ち下さいね」と言いながら、商品を説明した冊子を持って現れました。
「実は、あちらにお店があった時からよく通っていたんですよ」
と、以前、お店があった方角を指さしながら話をすると
「そうなんですか!私もあのパンが好きで、また食べたいと思って。シェフを4年間くどいて、今回、ようやく開店することができたんですよ」
と、過去のいきさつを、いろいろ教えて下さいました。前のお店は、男気があり過ぎるシェフが赤字覚悟の低価格で頑張っていたんだけど、小麦やバターの高騰があった頃にやむを得ず10円値上げしたら、お客さんが17%も減ってしまい、仕方なくお店を閉めたそうです。だけど、なんとかお店を復活させたいと思って、シェフをくどいて、今年の夏頃にOKが出て、せっかくお店を出すなら、また馬車道がよいだろうと、場所を探して、そこからバタバタと場所が決まって・・・
といった具合に、もう、こちらが相槌を打つ暇を与えないほどアツく語っているとき
「社長!ドライバーあります?」
と、作業している方から声がかかり、「あっ、スミマセン」と、そこで話が突然終わりました(笑)
「社長だったのか」
と、そこで気が付きました。その間に、「ラスク、食べてみて下さいね」と、店員さんが試食用のラスクを持ってきて下さり、食べたら、これが美味しくて、「美味しいですねぇ」と言ったら、「良かったらどうぞ」と、一袋いただいてしまいました。
ということで、20分はあっという間に過ぎました。オープン前に並んでいる人は5~6組程度でした。
買ったのは、馬車道あいすくりん生食パン(1.5斤)(1000円)、馬車道あいすくりん食パン(1.5斤)(1000円)です(外税)。

f:id:okka4:20201123071230j:plain

 

f:id:okka4:20201123070921j:plain

 

f:id:okka4:20201123070930j:plain

生食パンは「他のクリームよりもランクの高い北海道産の生クリーム、練乳、バターに、選りすぐりの純粋はちみつを加えた生食パン。そのまま食べておいしい贅沢な味わいは、贈り物や自分へのご褒美に。」とのこと。食パンのほうは「原材料にこだわり、乳化剤、合成着色料、保存料を一切使用しない国産小麦とカナダ産小麦をオリジナルブレンド。また、トーストすることにより、おいしさが際立つ北海道産のバターとグレープシードオイルを使用。毎日食べて飽きることのない味に仕上げました。素材には、ミネラル豊富な富士の天然水、北米産の上質な小麦粉を厳選。」とのこと。
生食パンは、写真を撮ろうと持ち上げただけで指の跡が残ってしまうほど柔らかいのが特徴です。乃が美のパンより、もう少し生地がギュっと詰まった感じがあり、甘みが強めです。食パンのほうは、以前のお店の湯だね食パンだと思います。こちらは生食パンのような甘みはありませんが、小麦の風味を感じられ、説明文の通り、普段の食事用によいと思います。
たしかに、お土産用にいいかもしれないなぁと思い、お土産用として購入するために同じ日の夕方に、もう一度お店に行ってみると、まだパンは置いてありました。やはり乃が美のようには知名度がないので、はじめのうちは、こんな感じなのかもしれませんね。7時間ぶりに会った社長は、まだまだパワフルで、「また買いに来て貰えて嬉しいなぁ。いや~、ホントに嬉しいなぁ」と感激したご様子で、またラスクをいただいてしまいました(笑)ちなみに、ラスクは250円です。こちら、ホントに美味しいのでオススメです。

f:id:okka4:20201123070952j:plain

 

f:id:okka4:20201123071002j:plain

 

横浜市中区相生町5-95

 

お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
馬車道駅みなとみらい線

阪東橋のパン屋「gogoパン」

先日、よく行くパン屋さんから「横浜橋商店街の近くにパン屋さんができたそうですよ」と聞いてから、横浜橋商店街まで探しに行ったのですが見つからず、「別の商店街だったのかなぁ?」と思い始めていました。後日、焼き芋を買いに横浜橋商店街へ行った際に、「もしかして、ここらへんにあったりして」と、以前、大丸ピーコックがあった方向へ歩いていくと、パン屋さんを発見しました。この日はカンがさえていたようです(笑)
新しいパン屋さんですが、棚に置いてあるパンを見ると、ずいぶんと昭和っぽいパンが多く、さらに形も不揃いなような・・・。買うのをためらいましたが、せっかくだからと、こしあんパン(100円)、くるみパン(130円)、さつまいも平(130円)を買いました(内税)。

f:id:okka4:20201117055042j:plain

 

f:id:okka4:20201117055050j:plain

 

f:id:okka4:20201117055059j:plain

見た目もそうですが、味も素朴です。
この辺りは激戦区というほどではありませんが、近くには、丸十早川ベーカリー、808ベーカリー、ラパンといったパン屋さんがあるので、たいへんそうだなぁ。

 

横浜市南区浦舟町1-1-7-101

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
阪東橋駅横浜市

弘明寺のパン屋「よもぱん」

この日は、ジョギングがてらお店へ行くことにしました。家から片道5kmほどですが、往きは上り坂が多く、お店に着く頃には、けっこう息が上がっています。今の世の中、ゼェゼェしたままお店に入るのはよくないので、少し息を整えて、フェイスガードをしてお店に入るのですが、そうすると汗がダラダラと流れてきて、それはそれで、どうなんだろう・・・という状況になってしまいます。
帰りも走らないといけないので、形が崩れにくいパンを選び、ラウンド食パン(300円)とハイジの朝食(490円)を買いました(内税)。そして試作品という食パン生地のドーナツをいただいてしまいました。

f:id:okka4:20201109061736j:plain

この日は、珍しく、他にお客さんがいなかったので、お店の奥様と近くのパン屋さんの情報交換をしました。
「上大岡と弘明寺の間ぐらいに新しくできたお店は行きましたか?」と訊かれ
「え~と、なんて名前でしたっけ?たぶん、あそこのことだと思うけど、行きましたよ」
ビゴの店で修業されてたっていう、なんて名前でしたっけ?」
「あぁ、そうそう、そのお店ですよね。なんて名前でしたっけ?」
「そういえば、横浜橋商店街の近くに新しいパン屋さんができたそうですよ」
「えっ!そうなんですか」
「名前は忘れちゃいましたが、業者さんに教えて貰いました」
「今度、探してみます」
といった具合で、お互いになんともフワッとした情報交換なんですけど(笑)
休みの日が同じなのでなかなか行けなかったオートウーへ行って来ましたよとのことだったので、あそこの食パンはちょっと変わった食感で美味しいんですけど食べましたかと訊いてみたら、それは食べていないとのことだったので、ならば、今度、買ってきますねという話をして、ジョギングを再開しました。


横浜市南区永田南2-12-3


お店のtwitterこちら
お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
弘明寺駅京浜急行京急横浜市

元町中華街のパン屋「ポンパドウル」

今年の1月にフランスで行われたクープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリーというパンのワールドカップで日本は準優勝でした。私もテレビで、その大会の模様と、それまでの道のりを追ったドキュメンタリー番組を観ましたが、そのチームの1人がポンパドウルの方とは知りませんでした。その勝海さんという方が考案したパンが、11月1日から11月11日までの期間限定で発売されるとのことで、元町まで買いに行って来ました。
買ったのはパン・オ・ディスキー(378円)、クロワッサン・ロゼ(270円)、キャドー(~林檎の贈り物~)(378円)です(内税)。

f:id:okka4:20201103133110j:plain

 

f:id:okka4:20201103133119j:plain

 

f:id:okka4:20201103133127j:plain

大会では、「バゲット&世界のパン部門」「ヴィエノワズリー部門」「ピエス・アーティスティック部門」の3つに分かれ、そのうち、勝海さんはピエス・アーティスティック部門という飾りパン部門で参加されたとのことで、そう聞くと、たしかに見た目が楽しいパンですよね。見た目と味とにテーマの一貫性のようなものも感じました。

 

横浜市中区元町4-171

 

お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
POMPADOUR、ポンパドール、石川町駅根岸線京浜東北線元町・中華街駅みなとみらい線

東林間のパン屋「ボナペティ」

近くまで行く用事があり、近くにパン屋さんがないかなぁと調べて、こちらのお店へ行きました。こちらのお店も、入店は5名までに制限していたため、ちょっとした行列ができていましたが、5分ほど待って、お店に入れました。
お店は広く、ゆったりとしたスペースがあるように感じました。パンの種類は、わりとオーソドックスなものが多いかなぁという印象を受けました。
買ったのは、中学芋デニッシュ(280円)、めんたいもちチーズ(230円)、明太ポテトフランス(230円)、クリームパン(160円)です(外税)。

f:id:okka4:20201022054829j:plain

 

f:id:okka4:20201022054837j:plain

 

f:id:okka4:20201022054847j:plain

 

f:id:okka4:20201022054857j:plain

大学芋ならぬ中学芋のデニッシュは、大学芋がゴロゴロと入っていて嬉しいです。カスタードクリームの甘みのほうが強いので味のインパクトは少なめでした。クリームパンは、ものすごく丁寧に説明が書かれていたので、きっと美味しいに違いないと思って買いました。「こくとろ」があると書かれているとおりの味と、それがたっぷり入っていて、これが看板商品だということが理解できました。美味しかった!明太ポテトフランスは、その名のとおりのパンで、ややソフトなフランスパンに、ポテトサラダが入っていて、その上に、明太子ソースがかかっています。子供でも食べられる優しい味でした。全体的に具が多めなところが良かったです。

 

神奈川県相模原市南区東林間3-19-7エクレール東林間2番館1F

 

お店のHPはこちら
お店のFBはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
BonAppetit、東林間駅江ノ島線小田急

鵜の木のパン屋「マルアベーカリー」

近くまで行く機会があったので、せっかくだからと、近くにパン屋さんがないか検索し、こちらのパン屋さんを発見したので行って来ました。
多摩川線の鵜の木駅から環八方面に1分ほど歩いた場所にあります。お店は小さく、対面式です。最近は、たいていのパン屋さんでそうしているように、こちらも人数制限をしていたので、5分ほど並びました。
買ったのは、おいもパン(160円)、クロックムッシュ(200円)、クルミバゲット(230円)、チーズハース(250円)、黒豆パン(160円)、スコーンプレーン(180円)です(外税)。

f:id:okka4:20201015054135j:plain

 

f:id:okka4:20201015054144j:plain

 

f:id:okka4:20201015054153j:plain

クルミバゲットは、これまで、これほどカッチカチのパンがあっただろうか?というほどに硬かったです(笑)でも、そのために、よ~く噛んで食べないといけなくて、噛んでいると、パンの旨味をよく感じることができました。おいもパンは、サツマイモがたっぷり入っていて、それで160円というのは良心的だなぁと思います。チーズハースはたっぷりのチーズともっちりフワッとしたパンとの相性が良かったです。どのパンも味のバランスがよく、美味しかったです。

 

東京都大田区鵜の木2-3-4 なかやビル1F


お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
Marua Bakery、鵜の木駅多摩川線、東急

矢口渡のパン屋「ミッキー」

1年半前に訪れてから、「もう一度行きたいなぁ」と、ずっと思っていました。これまで500店舗ぐらいのパン屋さんへ行きましたが、そういうパン屋さんは、それほど多くはありません。
以前は、ご高齢そうな方がレジに立っていたので、元気でいらっしゃるのだろうかということと、お店をたたんでいたりしないだろうかということが気にもなっていました。
今回、用事があって近くまで行くことがあったので、お店に寄ってみました。
お店はあいていました。店内は変わった様子はありませんでした。良かった良かった。1年半前に比べて、少し値上がりしているようですが、それにしても安い!ポテトサラダがなかったのは残念でしたが、ほかにも具沢山なパンが多いので、どれを買って帰るか迷いました。買ったのは、たまごサラダ(150円)、ロースカツ(280円)、こしあんホイップ(150円)、えびカツ(280円)、ツナマヨネーズ(150円)です(内税)。

f:id:okka4:20201013054353j:plain

 

f:id:okka4:20201013054402j:plain

 

f:id:okka4:20201013054412j:plain

相変わらずソフトな食感のコッペパンにこぼれんばかりの具が挟んであって美味しいです。安くて美味しい街のパン屋さん。こういうパン屋さんは、長く続いてほしいなぁ。

 

東京都大田区多摩川2丁目23-12

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

 

keyword
矢口渡駅東急多摩川線

日本大通りのパン屋「ブラフベーカリー」

こちらのお店がオープンしてからしばらくは平日のみの営業ということで、なかなかお店へ行ける機会がなかったのですが、最近では、土曜日も営業している様子を度々目撃していたので、近くの歯科医へ行った帰りに寄ってみました。
ホームページを見てみると、山手の店舗と営業日を合わせたようで、基本的には毎日営業しているようです。
置いてあるパンの種類は山手の店舗に比べると少ないと思いますが、人気のありそうなパンは漏れなく置いてあるようです。
買ったのは、カンパリ甘夏デニッシュ(280円)、バターミルクスコーン(320円)、ホワイトチョコ柚子(320円)です(内税)。

f:id:okka4:20201010062226j:plain

 

f:id:okka4:20201010062235j:plain

 

f:id:okka4:20201010062243j:plain

さすがの安定感!といった味ですね。カンパリ甘夏デニッシュは初めて食べたと思いますが、甘夏たっぷりで酸味が強く、大人の菓子パンといった感じでしょうか。バターミルクスコーンとホワイトチョコ柚子は、久しぶりに食べたくなって買いました。それぞれ全く種類が違うパンだけど(ひとつはスコーンですが)、どれも美味しいというのはさすがですね。

f:id:okka4:20201010062257j:plain


横浜市中区本町1-5-1 西田ビル1F

 

お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
BLUFF BAKERY、横浜、中区、日本大通り、関内、みなとみらい線根岸線京浜東北線

下永谷のパン屋「吉田製パン所」

下永谷と書きましたが、上永谷東戸塚からも距離的には、だいたい同じぐらいの位置にあります。つまり、どの駅からも同じぐらい遠く、どの駅からも歩くと30分ぐらいかかるのではないでしょうか。
7月31日にオープンしたそうで、ネットで検索すると、やたら「行列」とか「売り切れ」という文字が躍っています。さすがにオープンから2ヵ月近く経つので、そろそろ落ち着いたのではないかと思い、土曜日の開店時間10時に合わせて行ってみました。
開店の10分前ぐらいに着くと、10名ちょっとの行列ができていました。お店は小さく、さらに、このご時世ということもあり、店内には1団体までという制限があり、開店してからも、なかなか自分の順番が回ってきません。しかも、ほとんどのお客さんが、けっこうな数のパンを買って行くので、まず、パンを選ぶのに時間がかかり、1人の店員さんが、それを袋に包むので、それにも時間がかかるようです。ということで、待つこと40分。ようやく自分の番が回ってきました。
私は、店に入る前に、店の外から、どんなパンがあるかを見て、買うパンを決めてしまっていたので、店を出るまでの時間は、けっこう早かったと思いますが、それでも3分ぐらいはかかったのではないでしょうか。こりゃ、行列ができるはずだ。
買ったのは野菜のフォカッチャ(310円)、くるみのカンパーニュ1/2(310円)、チーズドッグ(300円)、ミルクフランス(140円)、クロックムッシュ(190円)、クロワッサン(180円)です(内税)。

f:id:okka4:20201006054543j:plain

 

f:id:okka4:20201006054553j:plain

 

f:id:okka4:20201006054603j:plain

 

f:id:okka4:20201006054613j:plain

野菜のフォカッチャは薄味で、野菜本来の美味しさを味わわせたいのかなぁと思いますが、もう少し味が濃くてもよいように思いました。ミルクフランスは、食べた瞬間、「おっ!これはブラフベーカリーの味に似ているなぁ」と感じました。ちょっと固めのパンの食感といい、ミルククリームの味といい、そっくりです。パンはちょっと焦げた感じの香ばしい風味もあって見た目以上に美味しかったです。チーズドッグもミルクフランスと同じパンを使っていると思います。生地にもっちりとした食感はありませんが香ばしさが個人的には好みです。クロックムッシュは、具の味がちょっと濃いように感じましたが美味しかったです。ということで、全体的に美味しかったです。

 

横浜市港南区芹が谷4-6-19芹が谷マンション1F


お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
下永谷駅、横浜市

青葉台のパン屋「ベーカリーカフェ コペ」

青葉区のパン屋さんをまとめて訪問しようと、最後に訪問したのが、こちらのパン屋さんです。
近くに、Bon Vivantがあることは知っていましたが、そちらは行ったことがあったので、今回は、「あぁ、混んでるなぁ」ということを見ながら通過しました。
こちらのお店のホームページを見ると、サザンの「ピースとハイライト」のPVに登場したことが紹介されています。ほかのパン屋さんと比べて、どこか特徴的なのかなぁと思って店内を見ましたが、そういうこともなく、一般的なパン屋さんだと思います。逆に、そういう点で選ばれたのかもしれませんが。
パンは、どちらかというと庶民的なパンが多いように思いました。
買ったのは、栗の渋皮煮デニッシュ(250円)、豆乳クリームまめパン(190円)、英国ママのプレーンスコーン(160円)、コペのクリームパン(180円)、あおば野菜カレー(200円)です(内税)。

f:id:okka4:20200930054121j:plain

 

f:id:okka4:20200930054130j:plain

 

f:id:okka4:20200930054138j:plain

価格も、最近の相場を思うと、安いほうかなぁと思います。栗の渋皮煮デニッシュは、大きめの栗2つがゴロッとのっかっていて、その存在感が素晴らしい!食べてるうちに、1つの栗がお皿に落ちたのですが、その際に、ドスン!という重量感ある音がしました(笑)栗だけではなく、マロンクリームまで入っていて、なんとも贅沢なパンなのですが、それで250円は安いですね。豆パンは北海道ではたいていのパン屋さんに置いてある、ソウルフードみたいですが、道外のパン屋さんでも、置いてあるパン屋さんが増えてきたように感じます。素朴な甘さがいいですね。野菜カレーは、だいぶ酸味が強く、「もしかして傷んでる?」と、一瞬思いました(笑)
Bon Vivantは、車で来ているお客さんが多いようですが、こちらは、自転車や徒歩で来ているお客さんが多いようでした。味といい、価格帯といい、地元の方が、普段から利用するパン屋さんといった感じなのでしょうね。

 

横浜市青葉区青葉台1-29-3


お店のHPはこちら
お店のFBはこちら
お店のtwitterこちら
お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
Bkaerycafe COPPET、青葉台駅田園都市線、東急

横浜 松原商店街の栗専門店「三代」

横浜で最も賑わっていると言っても過言ではない商店街「松原商店街」にある栗専門店だそうです。横浜の高島屋でLOVE YOKOHAMAというイベントを行っていて、その一環で、こちらのお店はマロンパンを1日30個限定で販売しているとのことで、開店時間に合わせて行って来ました。皆さん、ドドドッと店内に流れ込んで行ったので、「あれれ、これは売り切れか!」と、心配しましたが、余裕で買えました。

f:id:okka4:20200929053855j:plain

 

f:id:okka4:20200929053907j:plain

HPで紹介されているパンの写真はとても美味しそうに見えたのですが、ほぼ似たようなアングルの写真を自分で撮ったら美味しそうに見えませんね・・・。やはりプロは違うなぁ。
パンはクッキー生地を使っているとのことで、しっとりしたメロンパンといった感じです。食感は、パサパサした感じで、正直、ちょっとなぁ・・・という感じでした。マロンクリームは、もっと入っていると嬉しいなぁという物足りなさを若干感じました。ちなみに1個301円です。
今後、9月30日(水)と10月3日(土)の2回、地下1階の銘菓百選で販売されるようです。
ちなにみに、散歩がてら松原商店街にあるお店を見に行ったら、こんな感じでした。

f:id:okka4:20200929053918j:plain

なんだかひっそりとしていました。

 

以下もご覧下さい
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら

藤が丘のパン屋「BAKERY ABE」

せっかく青葉区へ行ったので、近くにあるパン屋さんをまとめて訪問しようと、2軒目に行ったのがこちらのお店です。
小さなお店なので、気を抜くと、気づかずに通り過ぎてしまいそうです。感染予防のため、入店者数が制限されていて、それもあって5分ほど並びました。
食べログを見ると、ビゴの店から独立された方が作られているそうで、そう言われてみてみると、本格的なハード系とデニッシュ系のパンが多いように感じました。
買ったのは、めんたいチーズフランス(240円)、アベドッグ(360円)、栗のデニッシュ(320円)、枝豆とラクレットチーズのリュスティック(280円)、栗のミニ食パン(300円)です(外税)。

f:id:okka4:20200924055758j:plain

 

f:id:okka4:20200924055730j:plain

 

f:id:okka4:20200924055740j:plain

めんたいチーズフランスは変わった形をしていますね。パンの中にはチーズが入っています。こういう形のほうが具の割合が増えて、食べる側としては嬉しいです。フランスパンの硬さもほどよいと感じました。栗のデニッシュは、サクサク感が心地よく、味のバランスの良さも感じました。栗のミニ食パンは、もう少し栗が入っていると嬉しいところですが、ほんのりとした優しい甘さが美味しかったです。どのパンも安定した美味しさでした。

 

横浜市青葉区柿の木台3-20


お店のFBはこちら
お店のインスタはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
ベーカリー アベ、藤が丘駅田園都市線、東急

藤が丘のパン屋「もあ 石窯館」

まったく旅行ができないけど、どこか行きたいなぁと思い、せめて市内のパン屋さんぐらいはと思い、行ったことがないパン屋さんを探して行ってきました。
青葉区は、同じ市内とはいえ、あまり行く機会がない場所です。車で行こうと思うと、わりと交通量が多い道を通らないといけなくて、やたら時間がかかるので、なかなか行く気にならないのですが、先日、16号線と246を通って行くと、距離は増えるけど、時間的にはずいぶん短縮できることに気が付き、そのルートで行って来ました。
こちらのお店は、藤が丘駅を出て、いかにも横浜っぽい坂道をのぼったところにあります。広い駐車場があり、私が行ったときにも、車で来ているお客さんが多かったです。
店内は広く、ゆったりとしたレイアウトです。パンの種類は、オシャレパンというよりは庶民派パンといった感じです。
買ったのは、黒糖レーズンサンド(184円)、ジャーマンフランク(248円)、とうもろこし畑(194円)、胡麻ダレベーコンアスパラ(238円)、カマンベールチーズ(216円)です(内税)。

f:id:okka4:20200919064544j:plain

 

f:id:okka4:20200919064552j:plain

 

f:id:okka4:20200919064600j:plain

とうもろこし畑は、面白いですよね。形だけではなく、パンの中に、コーンが入っていました。自分が選んだパンが、たまたまそうだったということもありますが、どのパンも、フワフワとした食感で、子供からお年寄りまで食べやすいと思います。具は少ないということはありませんが、もう少し多いと嬉しいなぁと。

 

横浜市青葉区藤が丘2-13-4


お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
藤が丘駅田園都市線、東急

東戸塚のパン屋「バゲット マジシェンヌ」

日曜日の10時頃に行くと、店の前に数台の車が停まっていて、数組のお客さんが並んでいました。このご時世ですので、入店は3名までと制限しているために行列ができてしまっているようです。10分ほど待って、自分の順番が回ってきました。
以前、お店に行ったときは、今風のオシャレパンが多いように感じたのですが、久しぶりに行ってみると、意外とチェーン店なんかで売っていそうなパンが多いなぁという印象に変わりました。たぶん、お店が変わったというよりも、自分が、いろんなお店を見てきたからだと思いますが。
買ったのは、枝豆チーズ(220円)、バナナのデニッシュ(300円)、ゴロッとお肉のカレーパン(230円)、スコーン(プレーン)(160円)、特性食パン(1斤)(300円)、バタール(350円)です(内税)。

f:id:okka4:20200918054821j:plain

 

f:id:okka4:20200918054830j:plain

 

f:id:okka4:20200918054837j:plain

 

f:id:okka4:20200918054845j:plain

スコーンは、袋をあけると、濃厚なバターの風味が漂ってきて、これは食べなくても美味しいに違いないと感じるほどでした。もちろん実際に食べてみても、そのバターの風味を感じ、美味しかったです。店名になっているバゲットも売っていましたが、個人的にはバタールのほうが好きなので、そちらを買いました。小麦の風味がしっかりとして美味しかったです。

 

横浜市戸塚区上矢部町771-4 カディス6ビル1F


お店のHPはこちら

 

以下もご覧下さい
・このお店の写真⇒こちら
・パン屋おすすめ度⇒こちら
・HP「いつでも北海道に行きたい!」⇒こちら


keyword
Baguette Magicienne、東戸塚駅横須賀線湘南新宿ライン